月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2003年11月号 525号

特集●市町村合併と人権・同和行政

インタビュー◆住民自治や人権・同和行政をどう確保するか/中川幾郎
分権時代の自治のかたちを考えて―市町村合併と住民自治/大門正彦
地域主権にもとづく連合型合併を―中山間地の部落から見た市町村合併/渕本 稔
人権条例と組織を継続し、施策を充実―さぬき市における市町村合併と人権・同和行政/松岡義治

「こうあってほしい」からの解放―『水平社伝説からの解放』/竹森健二郎

IMADRアップデイト拡大版●重要課題となったマイノリティ女性に対する複合差別―女性差別撤廃委員会の日本政府報告書審査と最終コメント/原 由利子
部落解放・人権確立とマニフェスト―総選挙に向けた各党のマニフェストとりまとめへの要請/部落解放同盟中央本部中央執行委員会
異議あり!! 住基ネット本格稼働
 監視強化政策にみる国家権力の肥大化―8・25住基カード交付のねらいは何か/国際連帯から見えてくるもの/白石 孝
 レポート 国際フォーラム「世界のプライバシー権運動」―グローバル化する監視社会の「いま」
インタビュー◆共生社会実現をはばむ「入管法」改悪の動き/渡辺英俊
人権意識の高揚と自立・自己実現の支援―(財)大阪府人権協会における同和問題の解決をはじめとした人権施策の事業推進について/荻田哲男

連載・世界屠畜考Kモンゴル編(下) 生の営みのために殺すことは菩薩行である!/内澤旬子
連載・「うち、産むねん」―母になることを選ぶ10代の少女たちH 10代ママへの深い愛情と共感 その原点にあるもの/社納葉子
水平線●被差別部落の人口流出入問題について/リム ボン
人権いろいろ●ここまで進んだ国民監視システム/福島瑞穂
差別の精神史●差別をめぐる地域的な多様性/赤坂憲雄
メディアのミレニアム●有事法制下のヒロシマ/戸田 栄
「人権」で読み解く江戸川柳●江戸のサラ金 座頭金(1)/田結荘哲治
映像フリースペース●伝説の女優ディートリッヒ―映画「真実のマレーネ・ディートリッヒ」/白井佳夫
東京音楽通信●為政者が恐れた異端児―映像でよみがえったフェラ・クティ/藤田 正
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600