月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2000年10月号 476号

特集●インターネットと人権運動

座談会◆ネットの中の解放運動/田畑重志/渕本 稔/北口末広
人権運動にとってのインターネットの可能性/高木 寛
市民運動のメディアとしてのインターネット―JCA-NETの活動のなかから/印鑰智哉

人権いろいろ●台湾と原子力発電所/福島瑞穂
有田芳生の情報おもちゃ箱●福島さんに反論する/有田芳生
太鼓の音●文明としての部落/川元祥一
メディアのミレニアム●「暗黙の」規制の時代/中森明夫
IMADRアップデイト拡大版●人権小委員会が世系による差別に関する決議を採択、部落問題にも言及
IMADRアップデイト拡大版●人権小委員会決議2000/4「職業及び世系に基づく差別」

グラビア●雪駄づくり/太田順一
水平線●戦争の傷/山本將文
映像フリースペース●現代日本の雑踏と孤立―日本映画「ざわざわ下北沢」/白井佳夫
東京音楽通信●忌野清志郎が歌う「君が代」/藤田 正
やっぱり今この本を●ひとりの少女にみる朝鮮戦争/山下明生
封筒・脅迫状は無実を示している―狭山事件・齋藤第2鑑定について/横田雄一
青年が主役/平和・人権を守る部落解放運動を―部落解放第44回全国青年集会
人権文化を築くために―各地の新設研究所紹介
香川人権研究所◆人権は未来をつくる道しるべ/高野眞澄
愛知部落解放・人権研究会◆愛知の特徴を生かしつつ幅広い研究活動を/近藤祐昭
福岡県部落解放・人権研究所◆視点はグローバルに、活動はローカルに/伊豆丸 鼎
連載・近代の奈落を歩く12◎歴史に呼び出された男たち(上)―松田喜一、泉野利喜蔵、栗須七郎、そして大阪の水平運動/宮崎 学
差別に対する怒りふたたび!―ハンセン病国賠訴訟支援プロジェクトの立ち上げ/丸岡康一
連載・部落に生きる仕事2◎雪駄づくりにかけた人生―愛知県津島市に残る雪駄づくり/三宅都子
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600