月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2001年3月号 483号

特集●介護保険と部落の福祉

住民参加を主体とした地域福祉活動―部落におけるこれからの福祉政策/平沢 徹
利用者の選択を可能とするために―苦情から見えてくる介護保険の問題点/東野正尚
高齢者自身がつくる福祉と人権の街―東京・東墨田の地域活性化にむけたとりくみ/お互いさまクラブ
インタビュー◆高齢者が生き生きと暮らせるために―大阪・豊中解放会館ではじまった居宅介護支援の取り組み/乾 重美さん、濱浦弘美さん

人権いろいろ●DV防止法の制定にむけて/福島瑞穂
有田芳生の情報おもちゃ箱●疑惑の徹底解明を/有田芳生
アメリカ・レポート●21世紀の人権運動2―増大する民族票とマイノリティの政治力/柏木 宏
太鼓の音●場ちがいな話/川元祥一
メディアのミレニアム●子どもを育てながら、働くということ/萩原久美子
IMADRアップデイト●コソボのロマの状況について国連にアピール/藤岡美恵子

水平線●なぜ遺伝子治療なのか/安積遊歩
映像フリースペース●松本サリン事件の謎―日本映画「日本の黒い夏〔冤enzai罪〕」/白井佳夫
東京音楽通信●部落の子守り唄ネットワーク/藤田 正
やっぱり今この本を●おじいちゃんのおじいちゃんの…/今江祥智

放置された謝罪、責任者処罰、国家補償―民衆法廷「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」が問うもの/川瀬俊治
審議会は被差別当事者の立場で答申作成を―「人権救済制度の在り方に関する公聴会」
オーストラリア政府の危険な人権政策―先住民族の権利の視点と国連の人権機構改革/上村英明
西日本文化賞を受賞して―福岡部落史研究会26年間の成果をふまえ研究所への飛躍を/森山沾一
連載・近代の奈落を歩く15◎大逆事件から水平社まで(上)―明治・大正期 和歌山の被差別部落/宮崎 学
連載・ホルモン奉行3◎世界篇/角岡伸彦
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600