月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2001年11月号 493号

特集●漂泊に生きた人びと

「強暴で野蛮」「普通の日本人とは違う特殊な民族」……。1930年代、いわゆるエログロ小説によせてひろめられた「サンカ」という言葉。その禍々しく、誤ったイメージは、ときにロマンあふれる冒険小説に姿を変えながらも、日本社会の深層で連綿と受け継がれている。本号では、現在でも「サンカ」という言葉は賤称語として生きている言葉である、という認識を大前提に、かつて「サンカ」と呼ばれた人たちの姿、想いを、あくまでも事実の積み重ねをもとに浮かび上がらせる。

漂泊民「サンカ」の実像―その歴史と民俗/沖浦和光
漂泊者からの逆照射―古老たちのアイデンティティー/作田 清
広島県府中市での聞き取り◆技術と誇りと楽しみと―半漂泊生活の日々/まとめ・解説=山本崇史
ルポルタージュ◆川と生きる―「世間師」たち/柳原一徳
あるおばあさんの半生―川魚漁を中心に/聞き手=作田 晃

IMADRアップデイト拡大版●国連反人種主義・差別撤廃世界会議を終えて―門地差別に関する動きを中心に/小野山 亮
資料●米国でのハイジャック機による攻撃に関する声明/組坂繁之
資料●世界貿易センタービル・米国国防総省ビル攻撃に関する緊急声明/武者小路公秀
Kelly Dietzさんからのe-mai l

特別寄稿・アイヌのなにが悪い!―アイヌ民族差別に関する報告/砂澤嘉代
連載・ホルモン奉行外伝2 油かす篇(下)/角岡伸彦

グラビア●反人種主義・差別撤廃世界会議
水平線●歴史から学んで、よき未来を刻んで行け/トニー・ラズロ
人権いろいろ●憎悪と報復の連鎖を断ち切ろう/福島瑞穂
アメリカ・レポート:21世紀の人権運動●同時多発テロ事件と知られざるアメリカ―武力行使に慎重な声と人権政策の内外矛盾/柏木 宏
太鼓の音●この国の危機管理/川元祥一
メディアのミレニアム●顔面への侮辱表現と「ハリー・ポッター」事件/石井政之
映像フリースペース●不思議な監督、今村昌平―新作「赤い橋の下のぬるい水」まで/白井佳夫
東京音楽通信●小沢昭一的童謡のうたい方/藤田 正
やっぱり今この本を●等身大の女の子の悩みを優しく描く/今江祥智

本の紹介●狩野俊猷著『坊主午睡』/兵庫県人権・同和教育研究協議会編・発行『じんけんスキルブック―あなたの豊かな人生のために』/国際身分制研究会編集『第U期国際身分制研究会報告書』/小森龍邦著『わが回想の記/解放運動夜話』
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600