月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2002年01月号 495号

特集●まだ終わっていないハンセン病問題

座談会◆太陽の輝きを形に―熊本地裁判決をふまえ全面解決へ/玉城しげ/神 美知宏/八尋光秀/富田一幸/司会・藤野 豊
「法の執行」が生んだ「恐怖宣伝」―ハンセン病者の近現代/藤野 豊
ハンセン病と勃興期の探偵小説―正木不如丘と小酒井不木/細川涼一

孤立のアフガン/中村 哲
連載・ホルモン奉行外伝4 怒りの奉行、「狂牛病」騒動を斬る篇/角岡伸彦

いまも眼の底にきみがいる―駒井昭雄さんを悼む/土方 鐵
弔 辞/西島藤彦

座談会◆解放奨学金の理念を継承した奨学金制度の創設を―「同和」行政の成果を社会に還元する/岡田健悟/猶原寿彦/新居晴幸
東京高裁は再審開始を、東京高検は証拠開示を行え―狭山中央総決起集会開催
「同和」行政の発展、継続を―第4期「部落解放基本法」制定要求国民運動第19波中央集会開催

グラビア●結 純子 ひとり芝居「地面の底がぬけたんです」/太田順一
水平線●新たな戦争の世紀へ/目取真 俊
人権いろいろ65●「有事」の人権侵害/福島瑞穂
アメリカ・レポート:21世紀の人権運動12●テロ事件の「みえざる被害者」と救援活動の問題/柏木 宏
太鼓の音85●とことん構造改革/川元祥一
メディアのミレニアム●「自衛権の行使」とメディア/大塚 晶
IMADRアップデイト●国際人権主要7条約をめぐるJCのとりくみ/熊本理抄
映像フリースペース●日本人の戦後史を象徴―ビデオ・ドキュメンタリー「人らしく生きよう―国労冬物語」/白井佳夫東京音楽通信●子守唄「竹田こいこい節」―コンサート「部落からのメッセージ」より/藤田 正
やっぱり今この本を20●ゆるやかに おかしく ものがなしく/今江祥智

本の紹介●藤野豊著『被差別部落ゼロ?―近代富山の部落問題』/長崎県部落史研究所発行『教材資料集「・・・を50分で学習する」―参加型学習の展開と、「人権」を考える授業』/青木保著『異文化理解』 /和歌山県部落解放・人権研究所編・発行『研究所ブックレット第1号 宗教と人権』
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600