月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


雑誌『部落解放』5月号増刊表紙画像

2002年5月号増刊 502号

A5判・416頁・定価1000円+税


●反人種主義・差別撤廃世界会議と日本●  
   〈編集ダーバン2001〉
 

2001年8月31日から9月8日にかけて南アフリカ共和国のダーバンで開かれた国連主催の「人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容に反対する世界会議」に関する報告書。このダーバン会議にむけて活動をすすめてきた日本のNGOの連合体「ダーバン2001」が、ダーバン現地での活動をふまえ、会議の全体像と意義、そのさまざまな側面を、日本の現実に照らして検証・総括した。 資料として、ダーバン宣言・行動計画全文、NGOフォーラム宣言・行動計画全文の日本語訳も掲載。

【目次】
●ダーバン会議の全体像
グローバル化と反テロ戦争に起因する諸差別との闘い―ダーバン反人種主義・差別撤廃世界会議とその後/武者小路公秀
国際人権法からみた「ダーバン宣言」およびその「行動計画」/村上正直
ダーバンへの長い道のり、そして、差別撤廃の未来への視座―2001年にとりくまれた国際社会の大きな課題/上村英明

●さまざまな課題・さまざまな視点
ダーバンの宿題―部落解放同盟参加団で臨んだ世界会議/菱垣信之
「門地にもとづく差別」 世界的な関心事項へ/小野山 亮
会議における先住民族の権利回復運動―アイヌ民族として参加した反人種主義・差別撤廃世界会議/長谷川由希
「沖縄」を「先住民族」という概念で考える―反人種主義・差別撤廃成果会議に参加して/喜久里康子
植民地支配、奴隷制で日本を追及―在日コリアンと反人種主義・差別撤廃世界会議/前田 朗
なぜ日本では人種差別は犯罪ではないのか―外国籍住民と反人種主義・差別撤廃世界会議/トニー ラズロ
国際人権基準と日本における移住者の権利保障の現状―ダーバン会議の宣言・行動計画から考える/稲葉奈々子
人権教育のアプローチ―反人種主義世界会議・NGOのとりくみを中心として/藤井一成
ジェンダーと人種差別の「交差」=「複合差別」/熊本理抄
アフリカにおける搾取的移住労働を防止するための「人間の安全保障」促進―人身売買撤廃ワークショップと国際プロジェクト企画会議/羽後静子
NGOの交流・連帯の深化からモニタリングへ―反人種主義・差別撤廃世界会議へむけたアジア・太平洋地域でのとりくみ/川本和弘

●コラム
世界議会人連合でのスピーチ/石毛^子
人種差別禁止法をつくろう―反人種主義・差別撤廃世界会議に参加して/福島瑞穂
人間の安全保障を―ダーバンNGOフォーラムに参加して/小宮山洋子

●資料
人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容に反対する世界会議
宣言・行動計画 反人種主義・差別撤廃世界会議NGOフォーラム
宣言・行動計画 人種主義、人種差別、外国人排斥および関連のある不寛容に反対する世界会議のためのアジア地域準備会議
宣言・行動計画 アジア・太平洋NGOフォーラムの宣言・勧告

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600