月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


 

2002年11月号 509号

特集●野宿者の人権と自立支援

座談会◆施設から地域での自立生活をめざす―野宿生活者の自立支援とまちづくり/水田 恵/ありむら潜/松繁逸夫
自立のための多様なメニューを―東京の野宿者の現状と自立支援に向けた取り組み/安江鈴子
野宿生活者の実態と脱野宿への意向―東京・大阪野宿生活者調査の結果よりみた今後の自立支援事業の課題/水内俊雄
地域での自立生活支援を軸に―地方都市から見たホームレス問題とホームレス自立支援法後の展望/笹沼弘志

連載・世界屠畜考1/韓国篇(上)/カラクトンで解体処理を見学/内澤旬子
韓国「人権委員会」の活動に学ぶ―設立1周年を迎えて/キム ドンフン
ルポルタージュ部落4/戦後の生活と解放運動―福岡県糸島の被差別部落を歩く(上)/鎌田 慧
解放出版社発行『Hunet』創刊号掲載記事の人権上の問題に関するおわびと反省/(株)解放出版社

水平線●エミシのリーダー、アテルイ、モレの1200年忌/笹川新一
人権いろいろ●ODAのチェック・システムを/福島瑞穂
アメリカ・レポート:21世紀の人権運動●アメリカによる「拉致」、奴隷制と強制連行/柏木 宏
メディアのミレニアム●日朝会談を見る目/青木 理
IMADRアップデイト●日本も必要! 差別禁止法―在日朝鮮人に対する嫌がらせ行為を許すな
「人権」で読み解く江戸川柳C●三下り半に見る悲喜劇(2)/田結荘哲治
映像フリースペース●面白いのだが、惜しい!―日本映画「たそがれ清兵衛」/白井佳夫
東京音楽通信●沖縄の新しい可能性―宮里奈美子の初アルバム『WINAGU』/藤田 正
やっぱり今この本を●21年間の持続と力―倉本聡作『北の国から2002遺言』/今江祥智
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600