月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2004年1月号 527号

特集●生命操作と人権

生命操作とは何か、いま何が起きているのか?/天笠啓祐
インタビュー◆日本は生命倫理の無法地帯だ/米本昌平/聞き手・天笠啓祐
30万人遺伝子バンク計画が問いかけるもの/西村浩一
ヒトES細胞と再生医療/福本英子
「クローン人間」から「デザイナー・ベビー」へ/粥川準二

「法」の期限切れと同和行政の基礎基本/奥田 均
「なぜ部落は差別されたのか?」から「なぜ部落を差別したのか?」へ―(財)鳥取県部落解放研究所における差別論に関する議論から/福田和博
東北アジアの戦争博物館が語りかけるもの/君塚仁彦

連載・界屠畜考14/芝浦屠場見学(上) 肉は「作られる」ものなのだ/内澤旬子
連載・社会風刺と自由空間―門付芸「ちょんがれ」の歴史と現代12/川元祥一
グラビア●佐渡―チョボクリの里/橋本 要
水平線●「身体障害者補助犬法」を知っていますか?/豊蔵裕邦
人権いろいろ●バックラッシュに立ち向かう/福島瑞穂
差別の精神史●穢れの民族史は可能か/赤坂憲雄
メディアのミレニアム●淋しき新潟5区の女王/井上 亮
IMADRアップデイト●「日−韓−在日」による連帯の可能性―日本人による在日コリアンへの嫌がらせ問題対策会議から
「人権」で読み解く江戸川柳●山ほととぎす初鰹/田結荘哲治
映像フリースペース●長距離トラックは新潟に走る―日本映画「ヴァイブレータ」/白井佳夫
東京音楽通信●トラヴェリング・ヒューマン・バンド――転がり続けて―願児我楽夢/藤田 正
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600