月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2004年4月号 532号

特集●部落のこれから―人口の流出入から考える

NPO人権ネットワーク・ウェーブ21を立ち上げながら考える/柳生雅巳
このまちにつながって生きていく―「部落の人口の流出入」を考える/山田康夫
部落の人口流出入問題が問いかけるもの―部落問題解決の当事者はだれか/外川正明
差別の現実をどうとらえるか―新しい取り組みへのパワーはここから生まれる/奥田 均

IMADRアップデイト拡大版●世界社会フォーラム2004から考える反差別国際連帯/森原秀樹
世界社会フォーラムに参加して/田川雅人
差別の解消と国内人権機関の設置を―第2回日本政府報告に関する子どもの権利委員会総括所見から/平野裕二
連載・世界屠畜考P芝浦屠場見学(下の2)すご腕の仕事師世界をのぞく/内澤旬子
連載・社会風刺と自由空間―門付芸「ちょんがれ」の歴史と現代N(最終回)/川元祥一
資料◆「『職業と世系に基づく差別』を撤廃するための原則と指針」の策定に向けた提言―日本における部落差別撤廃の取り組みの経験を踏まえて/部落解放同盟中央本部

水平線●国際協力とNGO/榛木恵子
人権いろいろ●DV防止法改正案上程へ/福島瑞穂
差別の精神史●はじめにマレビトありき/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●「結婚」しますか?/平野広朗
メディアのミレニアム●秘密と不信―司法制度改革をめぐって/菅野良司
「人権」で読み解く江戸川柳●ただ有明の月ばかり/田結荘哲治
映像フリースペース●東京に原発を誘致する?―日本映画「東京原発」/白井佳夫
東京音楽通信●じゆうにうたうたのしさ―UAの新しいアプローチ/藤田 正
本の紹介●『黒坂愛衣のとちぎ発《部落と人権》のエスノグラフィ』/廣岡浄進
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600