月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2004年5月号 533号

特集●知的障害者の人権

座談会◆地域で安心して暮らせる社会を!―知的障害者が自らを語る/生田 進/山城千枝美/本田浩司/沢井克之
知的障害とは何か/石神 亙
脱施設・地域で自分らしい生き方を―知的障害者の入所施設の現状と今後/池田直樹
当事者の自立と支援者の役割
 「地域で共に生きる」活動をとおして/林 淑美
 「自律」生活と権利擁護/上田晴男
 親が支援者になるために/松友 了
資料◆みやぎ知的障害者施設解体宣言

いま、君が輝く瞬間(とき)/義家弘介
ビデオ紹介●「DO YOU BOMB THEM?」
被差別の視座から、今日も火ふき竹を吹く―第7回女性文化賞をいただいて/鈴木郁子
宿泊拒否事件に怒る―ハンセン病回復者への差別と偏見の現在/林 力
ヒターノたちの朝食―「モーロ人は馬にのって」その後/佐藤花那子
いのちの差別に批判相次ぐ―シンポジウム「30万人遺伝子バンク計画とは何か」

連載・世界屠畜考Q沖縄篇(上)ヤギの魔力に魅せられて―沖縄、ヒージャージョーグー事情/内澤旬子
水平線●「幸せになりたい」―なぜオウムに入信したか・信者370人の呟き/新納功一
人権いろいろ●「官から民へ」が切り捨てるもの/福島瑞穂
差別の精神史●マレビト/神と乞食のあいだ/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●月遅れのセーター/平野広朗
メディアのミレニアム●訴訟社会は来るのか/菅野良司
IMADRアップデイト●スリランカ現地調査報告―NGOの役割と民族共生のまちづくり
「人権」で読み解く江戸川柳●この人にしてこの病いあり/田結荘哲治
映像フリースペース●アカデミー賞の日本騒動?―話題となった3作品を結ぶもの/白井佳夫
東京音楽通信●交錯する“愛情”と“怒り”―モンゴル800の直球勝負/藤田 正
本の紹介●大沢敏郎著『生きなおす、ことば―書くことのちから・横浜寿町から』/西尾紀臣
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600