月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2004年7月号 536号

特集●人権にとりくむ宗教者たち

キリスト者として部落問題にかかわる/橋本瑠璃子
仏教の教えに立ち返りながら/柚木祖元
差別と癒し―私の伝道生活のなかから/笠置隆司
「差別のない教団」をめざして/山根憲次

〈虹の連合〉対談/どう届ける? マイノリティの声/松岡とおる/辛淑玉
焦点2004◆引き裂かれる家族―「血縁主義」に翻弄される、中国残留日本人の継子・養子の家族/空野佳弘
晋州五広大 仮面劇来日公演―創作仮面劇「白丁」
チャレンジドや高齢者が元気と誇りを持って働ける国に/竹中ナミ
和沓の歴史と終焉―綱貫覚書(下)/のび しょうじ

連載・世界屠畜考S内臓・頭篇/食感にこだわる仕上げには年季がいります―豚の内臓捌きとカシラ剥き/内澤旬子
グラビア●5・16普天間基地包囲行動・人間の鎖
水平線●児童虐待をどう防ぐか/桂 浩子
人権いろいろ●安心できる年金制度を/福島瑞穂
差別の精神史●ふたたび海峡を越えて/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●金太郎の子育て/平野広朗
メディアのミレニアム●イラク邦人人質事件取材記@ 事件から遠い「現場記者」たち/植松正史
IMADRアップデイト●入国管理局のメール通報制度問題が投げかけていること
「人権」で読み解く江戸川柳●月を流す朔日丸/田結荘哲治
映像フリースペース●ちゃんと作られた西部劇―ケビン・コスナー製作・監督・主演の「ワイルド・レンジ」/白井佳夫
東京音楽通信●多種多様な涙と笑い―ユニークなバンド、シカラムータ/藤田 正
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600