月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2005年4月号 548号

特集●人身売買を撤廃しよう!

グローバリゼーションと人身売買―人身売買を生み出すもの/武者小路公秀
インタビュー◆売られる子どもたち―東欧の小国モルドバの実態から/アグネス・チャン/インタビュアー・神林毅彦
なぜ被害者が裁かれるのか―四日市タイ女性人身売買事件から見えてくるもの/杉浦明道
心身に深い傷を負う被害者たち―人身売買禁止ネットワークの調査にみる日本における人身売買の実態/稲葉奈々子/齋藤百合子
人身取引被害者支援法の制定を―人身取引に関する現行国内法と政府対策の問題点/吉田容子
人権を最優先に人身売買の根絶策を―人身売買禁止議定書と人権高等弁務官ガイドラインについて/米田眞澄

解放文学のつくり手、解放運動のにない手として―追悼 土方鐵さん/平野一郎
連載・ひげがあろうが なかろうが1 櫛/今江祥智/え・田島征三
指定管理者制度とNPO/柏木 宏
色覚検査廃止から私たちは何を学ぶのか―一人の養護教員として/馬場町子
連載・差別の歴史を考える7 第一次グローバリゼーションの波/ひろた まさき

水平線●「スマトラ沖地震緊急援助募金」について/ワールド・ビジョン・ジャパン
人権いろいろ●人権擁護法案の再提出/福島みずほ
差別の精神史●箒と掃除をめぐるフォークロア/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●「言葉」と出会い/平野広朗
メディアのミレニアム●ニューカンがおかしい―入国管理局と難民認定をめぐって/市川隆太
IMADRアップデイト●「もうひとつの世界」への道筋―世界社会フォーラム
「人権」で読み解く江戸川柳●耳塚を「手柄」にする/田結荘哲治
映像フリースペース●ざっくばらんな現代中国史映画―香港映画「失われた龍の系譜」/白井佳夫
東京音楽通信●日常化した自己肯定―沖縄ポップのメジャーデビュー/藤田 正
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600