月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2005年5月号 549号

特集●若者の就労問題

狭山特別抗告棄却への抗議声明
石川一雄/部落解放同盟中央本部/狭山事件再審弁護団/部落解放中央共闘会議/反差別国際運動
特集―若者の就労問題
インタビュー◆社会変化のいたみが若者を直撃―若年無業者増加の実態と背景/小杉礼子
現代の部落の若者がかかえる困難―調査結果から見えてきた階層格差の壁/内田龍史
学校教育での「自分さがし」から「夢から仕事」へ―大阪府立福井高校の実践/桜本哲也
地域就労支援コーディネーター座談会―地元の若者を支え、協力しあえる環境を/奥田 均/竹田竜彦/徳山理沙/藤本高美

現実に向き合う芸術家―韓国の民衆画家・洪成潭さんが沖縄で語る

厚労省「今後の障害保健福祉施策について」(改革のグランドデザイン案)を批判する
私たち抜きに私たちのことを決めるな!―障害者の自立を阻害する「障害者自立支援法」案/尾上浩二
インタビュー◆精神障害者の生存権にかかわる大改悪―通院医療費公費負担制度の見直しに反対する/山本深雪

連載・差別の歴史を考える8 中世支配層の対外意識/ひろた まさき
連載・ひげがあろうが なかろうが2 鉈 今江祥智・作/田島征三・絵
グラビア●狭山特別抗告棄却に抗議する!
水平線●「未来」への種を蒔く―A SEED JAPANの挑戦/木村真樹
人権いろいろ●チェスのフィッシャーさん/福島みずほ
差別の精神史●草履の民俗誌をめぐって/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●もし、きみがぼくだったなら/平野広朗
メディアのミレニアム●夢を失った子どもたち―学力低下をくいとめろ/藤田美和子 IMADRアップデイト●経済発展と人権侵害の「落差」縮めるきっかけに―移住者の人権に関する国連特別報告者が初来日
「人権」で読み解く江戸川柳●長崎屋と丸山遊郭/田結荘哲治
映像フリースペース●庶民生活を面白く描きながら―中国映画「わが家の犬は世界一」/白井佳夫
東京音楽通信●偏った価値観に「喝」―ボブ・マーリー生誕60周年/藤田 正
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600