月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2005年7月号 551号

特集●人権相談の意義と展開

なぜ人権相談機関が必要なのか/北口末広
同和行政における人権相談の位置づけ/村井 茂
キーワードで考える人権相談/奥田 均
人権相談員が、どう育ちあうか/白井俊一
インタビュー◆ここまでやれる!大阪市・西成の人権相談事業/井上 綾・前田聡子・屋代直信

新屋英子さんのひとり芝居「身世打鈴」2000回
「人権侵害救済法」をめぐる現状と「法案」の充実・制定にむけた課題
なぜ投薬を打ち切ったのか―水野事件が物語る拘置所内の医療と人権/小林克信

資料◆元松商教員慰謝料請求訴訟の判決に関する見解/部落解放同盟三重県連合会
グラビア◆最高裁の棄却決定に抗議し、再審を市民の力で実現しよう!―狭山事件の再審を求める市民集会
グラビア◆今国会で「救済法」の制定を―部落解放・人権政策確立要求中央集会

連載・ひげがあろうが なかろうが4 兎 今江祥智・作/田島征三・絵
連載・差別の歴史を考える10 中世から近世へ ひろた まさき
水平線●地域住民無視のダム建設に抗議/大城尚子
人権いろいろ●戦後責任を果たすべき/福島みずほ
差別の精神史●沖縄に被差別民は存在したか(上)/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●突然の別れ/平野広朗
メディアのミレニアム●本当の笑みが戻るまで―タイの津波被災地から/貝瀬秋彦
IMADRアップデイト●日本、そして世界中の声を狭山に
「人権」で読み解く江戸川柳●鯨は魚で兎は鳥/田結荘哲治
映像フリースペース●スコットランドの港町の風土の中で―イギリス映画「Dear フランキー」/白井佳夫
東京音楽通信●尊敬される沖縄の女性シンガー―古謝美佐子の新作発売/藤田 正
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600