月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2005年9月号 554号

特集●「同対審答申」40年

インタビュー◆「同対審答申」の舞台裏/磯村英一/聞き手=金井宏司
「同対審答申」はこうして作られた―同和対策審議会総会速記録より/金井宏司
人権政策の原点への回帰―「同和対策審議会答申」の歴史的位置づけ/菱山謙二

連続・大量差別はがき事件の東京地裁判決に対する見解/部落解放同盟中央本部/部落解放同盟東京都連合会
  真相究明と糾弾の闘いへ/浦本誉至史
入札制度にいどんだ障害者雇用―大阪ですすむ「行政の福祉化」/冨田一幸
現代社会がもたらす新たな部落差別―なりすましメールおよびホームページによる部落差別事件について/赤井隆史
全国水平社創立大会に参加した『種蒔く人』の作家・中西伊之助/小正路淑泰

連載・ひげがあろうが なかろうが6 水/今江祥智・作 田島征三・絵
連載・差別の歴史を考える12 日本型儒教イデオロギー/ひろた まさき
グラビア●ソロクト問題解決にむけて―日本のハンセン病回復者が韓国・ソロクトを訪問
グラビア●充実した「救済法」の早期制定をめざして―2005年度 部落解放・人権政策確立要求第3次中央集会

水平線●落米のおそれあり/岡本光博
人権いろいろ●触発される韓国/福島みずほ
差別の精神史●沖縄に被差別民は存在したか(下)/赤坂憲雄
きみとぼくの、あいだ●エイズ時代の覚悟/平野広朗
メディアのミレニアム●戦後人権思想の正念場―ジェンダーをめぐる政治的攻防/田原 牧
IMADRアップデイト●問われる日本の人種差別―人種主義に関する国連特別報告者の日本公式訪問から
ニュースのPhase●「嘉義丸」事件―米軍魚雷で321人死亡―惨事に手を貸したのは誰か/新納功一
「人権」で読み解く江戸川柳●大名の過去は野に伏し/田結荘哲治
映像フリースペース●改めて寅さん映画について考える―「男はつらいよ」シリーズ全作のNHK・BS2放映にあたって/白井佳夫
東京音楽通信●豊かな黒人文化を聴く―名盤ラテン・シリーズの復刻/藤田 正
本の紹介●野村浩也『無意識の植民地主義―日本人の米軍基地と沖縄人』/上野千鶴子
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600