月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2006年12月号 574号

特集●韓国人権事情

韓国における人権―過去・現在・未来/文京洙
韓国市民社会とNGOの果たしてきた役割/郭辰雄
韓国言論改革運動と「新聞法」/川瀬俊治
設立から5周年を迎える韓国人権委員会―その成果と課題/金東勲
差別禁止法の制定をめざして―国家人権委員会による法案/チョン カンジャ

電子版「部落地名総鑑」の回収とその意味/北口末広
差別発言の不法性を認定するも、その他を否定―徳島自衛隊内差別発言事件の高松高等裁判所判決について/竹下政行
資料◆大阪「飛鳥会」問題等一連の不祥事にかかわる見解と決意/部落解放同盟中央執行委員会
人種差別を認めず―大阪・大東市眼鏡店入店拒否事件控訴審判決について/丹羽雅雄
連載・差別の歴史を考える27―朝鮮と中国/ひろた まさき
連載・ひげがあろうが なかろうが20―ゆめ/今江祥智・作/田島征三・絵

グラビア●京楽座公演「破戒」/橋本 要
水平線●貸金業規制法改正がNPOを潰す?/木村真樹
人権いろいろ●防衛庁の省昇格法案のねらい/福島みずほ
きみとぼくの、あいだ●有終の美/平野広朗
メディアのミレニアム●アメリカの戦争(上)/三上 治
IMADRアップデイト●移住女性が切り拓くエンパワメントの道―DVを受けたフィリピン女性が語る
ニュースのPhase●受刑者が涙する歌声―女性デュオ「ペペ」 全国の刑務所でコンサート/新納功一
映像フリースペース●日本映画が面白くなった!―園子温監督の4本の映画/白井佳夫
東京音楽通信●「脱力感」を跳ねのける―ラップとレゲエの共通点/藤田 正
本の紹介●秋定嘉和『近代日本の水平運動と融和運動』/本郷浩二
本の紹介●萩原久美子『迷走する両立支援』/大城 光
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京事務所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-5213-4777