月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2007年7月号 584号

特集●相談事業と隣保館

隣保館を核にして相談事業の再構築を/大北規句雄
主体性の高まりが研修事業を変える/福岡県隣保館連絡協議会
隣保館に寄せられた相談を体系的に受けとめる/香川県隣保館連絡協議会
座談会◆地域の力を引き出す仕掛け人/伊藤勝彦/上田 学/田渕圭子/中井和真/司会・重野 勉

インタビュー◆犯行現場の虚偽架空性を明らかに―狭山事件で第3次再審請求補充書を提出/中北龍太郎
基地機能強化、新基地建設にノー―沖縄・米軍嘉手納基地包囲行動
インタビュー◆すべての人のいのちにかかわる基地問題/山城博治
手記◆犯人を捜し出し、糾したい!―福岡県八女郡立花町・連続差別ハガキ事件/熊本和彦
見なされる差別考(補論)―データで考える忌避意識論(下)/奥田 均
連載・差別の歴史を考える33―高度経済成長と差別/ひろた まさき

グラビア●100万人署名を達成―狭山事件の再審を求める市民集会
グラビア●人権侵害救済法の制定を―2007年度部落解放・人権政策確立要求第1次中央集会
水平線●ドキュメンタリー映画と私/小林 茂
人権いろいろ●拷問禁止委員会の勧告/福島みずほ
きみとぼくの、あいだ●愛におののく「顔」/平野広朗
IMADRアップデイト●かき消されてきた声―インドのダリット女性によるカースト制、家父長制、グローバル化への抵抗
ニュースのPhase●誓いの拳―大阪朝鮮高校ボクシング部監督の引退/新納功一
映像フリースペース●新しい時代の建築家と映画監督―アメリカ映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」/白井佳夫
東京音楽通信●ひとりで発するメッセージ―トム・モレロ初のソロアルバム/藤田 正
本の紹介●外川正明『部落史に学ぶ2―歴史と出会い未来を語る多様な学習プラン』/平沢安政
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600