月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2007年9月号 587号

特集●被差別部落はいま

ルポルタージュ◆目的は差別をなくすこと―再生をめざす部落解放同盟大阪府連合会飛鳥支部/社納葉子
ルポルタージュ◆解放運動の原点に帰って―京都市職員の不祥事と選考採用/矢野 宏
インタビュー◆光は見えてる。地道にコツコツ続けるで―部落解放同盟奈良県連合会杏中支部の高齢者ふれあい交流/阪田はつみ
ルポルタージュ◆福岡県糸島の被差別部落を訪ねて/鎌田 慧

心の迷妄をどうやって舞台化するか―京楽座『破戒』劇評/七字英輔
「万歳」から見えるもの/村上紀夫
イラク現地報告◆市民・子どもを襲う戦争の悲劇/西谷文和
グルカ兵―忘れさられた兵士たち/八木澤高明
対談◆居場所をなくした人びと―犯罪を繰り返す知的障害者の現状と支援のあり方/山本譲司/池田直樹
連載・差別の歴史を考える35(最終回)―差別克服の課題/ひろた まさき

グラビア●グルカ兵―忘れさられた兵士たち/八木澤高明
水平線●友へ、友よ。―きみは憲法の危機に向き合っているか/白川勝彦
人権いろいろ●中越沖地震と柏崎刈羽原発/福島みずほ
きみとぼくの、あいだ●「手足」の叫び/平野広朗
メディアのミレニアム●インドの教育―高等教育の留保拡大をめぐる主要な論点/境分万純
IMADRアップデイト●「国際移住と開発」の議論に移住者の人権の視点を
ニュースのPhase●遺骨として祀られた海岸の石―太平洋戦争末期、ある民間船の撃沈事件/新納功一
映像フリースペース●日本に投下された原爆の問題―アメリカ映画「ヒロシマナガサキ」をめぐって/白井佳夫
東京音楽通信●歌に宿る希望のチカラ―質の高いホームレス支援アルバム/藤田 正
本の紹介●文京洙『在日朝鮮人問題の起源』/川瀬俊治
本の紹介●金城幸子『ハンセン病だった私は幸せ―子どもたちに語る半生、そして沖縄のハンセン病』/三宅美千子
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600