月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2008年2月号 593号

特集●軍命は続いている―切り捨てられる沖縄

教科書検定問題を読み解く―大江・岩波沖縄戦裁判から見えてくるもの/目取真俊
「集団自決」歪曲検定問題と沖縄差別―差別の増幅と再構築の阻止に向けて/高嶋伸欣
日本の中の沖縄―教科書検定問題をテキストに/新崎盛暉
米軍再編と負担軽減の虚飾―基地機能強化進む沖縄/松元 剛
インタビュー◆11万6000人集会の軌跡と波紋/福元勇司/玉寄哲永
インタビュー◆新たな「琉球処分」は許さない―平和と環境を求めた運動を展開する/安次富 浩

人権いろいろ137●安心してお産ができない/福島みずほ
きみとぼくの、あいだ48●片想いの「賞味期限」/平野広朗
メディアのミレニアム●生態系を破壊するのは誰か―林野庁の天然林伐採/伊田浩之
IMADRアップデイト●悪化するスリランカの人権状況―治安当局による少数民族タミル人の不当大量逮捕・拘束/(森原秀樹)
ニュースのPhase●元気をくれる博物館―「リバティおおさか」の取り組み/新納功一
映像フリースペース●チャップリンという強烈な個性―一本の記録映画と代表作の連続上映/白井佳夫
東京音楽通信●意識変革の「首謀者」―りんけんバンド結成30周年/藤田 正

大西正義・部落解放同盟元中央本部顧問(兵庫県連合会元委員長)を偲ぶ―不屈の闘志を引き継ぎ、最後の勝利まで闘い抜く/赤松賢宥
お別れのことば/組坂繁之
アメリカ大統領選挙とオバマ上院議員/神林毅彦
カタルシスを与える芸術―新屋英子・小林育栄ふたり芝居「まだらマンダラ」/大賀喜子
繰り返される東ティモール人の悲劇/文珠幹夫
資料◆部落解放運動への提言―一連の不祥事の分析と部落解放運動の再生にむけて/部落解放運動に対する提言委員会
「部落解放運動への提言」に対する所感/組坂繁之
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600