月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2008年8月号 602号

特集●解放子ども会の挑戦

つながりあう仲間だよ!―東京都・木下川解放子ども会の取り組み/板橋正枝
子どもたちの「居場所」づくりのために―大阪市西成の子ども応援サークル「スプッチ」の活動/前田朋章
子どもたちの解放運動の拠点として―広島県三原市協の解放子ども会の取り組み/政平烈史
「ひとごと」から「わがこと」へ―愛媛県愛南町の「解放未来塾」からの発信/愛南町「解放未来塾」運営委員会

崩壊深まる自白―狭山第3次再審請求第2補充書から/中北龍太郎
西光万吉作屏風絵「月下美人」、水平社博物館に寄贈される/仲林弘次
インタビュー◆移民にも平等な権利を―FRANCAを結成して/有道出人
連続・大量差別はがき事件糾弾闘争の教訓―差別糾弾闘争と法的対応(告訴・裁判)/藤本忠義
北京オリンピックの裏側―経済格差と環境汚染に暮らす人びと/八木澤高明
「就労実態調査アンケート」から見える兵庫県の被差別部落の就労実態と課題/竹本貞雄

連載◆部落文化を訪ねて6佐渡・佐和田―白装束で神輿を担いだ村/川元祥一
連載◆部落・差別の歴史―そのとらえ直しと論点8牢番と刑務/藤沢靖介

グラビア●北京オリンピックの裏側―経済格差と環境汚染に生きる人びと/八木澤高明
水平線●9条護憲派の変質/今井 一
人権いろいろ●秋葉原事件と派遣労働/福島みずほ
ピリカピリカ●アイヌは先住民族/多原香里
メディアのミレニアム●大統領選挙から見るアメリカ(上)/神林毅彦
IMADRアップデイト●日本政府は26中17の勧告を受け入れ―国連人権理事会が普遍的定期審査(UPR)日本審査報告書を採択
ニュースのPhase●鳴らせ、板門店にノーサイドの笛を―北朝鮮独占取材最新レポートA/新納功一
映像フリースペース●「白い馬」と「赤い風船」と新作映画―ホウ・シャオシェン監督の変わった新作/白井佳夫
東京音楽通信●歌は祈り―古謝美佐子8年ぶりの新作/藤田 正
本の紹介
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600