月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2009年7月号 616号

特集●差別の現在―差別論の諸相

「だまし舟」の差別論/八木晃介
〈ポスト同対法体制〉の構想にむけて/三浦耕吉郎
カテゴリー化をいま一度見直す―他者とつながるために/好井裕明
差別論の課題―偏見理論パラダイムを超えて/佐藤 裕
見ようとしているか/聴こうとしているか/―問い直す「ジェンダー視点」/井桁 碧

パリを踏んだ三番叟―被差別民の多様な文化遺産を守る作業は世界の課題/辻本一英
加害者も被害者もつくらないために―『暴力防止の4つの力―ワークで学ぶ子どものエンパワメント』を読んで/浮穴正博
大教室のなかで思うこと/西田英二
鶴田知也「コシャマイン記」断章/小正路淑泰
子どもたちの未来に投資する―里親24年の坂本さん夫妻/神林毅彦

連載◆部落・差別の歴史―そのとらえ直しと論点17 寺院・仏教と被差別部落の関係を考える/藤沢靖介
グラビア●無実の叫び46年―東京高裁はただちに事実調べを!/狭山事件の再審を求める市民集会/裁判員制度と冤罪防止を考える集い
水平線●教育改革は体験学習から―北九州子どもの村小学校の「プロジェクト」/堀 真一郎
人権いろいろ●世襲議員の制限を/福島みずほ
ピリカピリカ●人権高等弁務官事務所でインターンシップ/多原香里
メディアのミレニアム●「北朝鮮ミサイルの脅威」で利するのは誰か/青木 理
IMADRアップデイト●ダーバンレビュー会議とアジアのNGO
映像フリースペース●心をつなぐアフリカン・ドラムの響き―アメリカ映画「扉をたたく人」/白井佳夫
東京音楽通信●歌は「力」を削がれたのか―忌野清志郎の死に思う/藤田 正
本の紹介
全国部落史研究会会員募集
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600