月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2010年7月号 632号

特集●軍事基地負担と沖縄差別

普天間飛行場の閉鎖、移設問題を読み解く―民主主義的に担保された沖縄差別/大田昌秀
安保体制に組み込まれた沖縄差別―普天間基地移設問題の本質を衝く/目取真 俊
基地経済は島を豊かにしない―軍事化する振興開発費/松島泰勝
奄美の401年問題―ヤマトと琉球のはざまで/喜山荘一

松岡とおる とことん人権。―人権確立のため参議院議員選挙で再選をめざす
資料◆東京高検による証拠開示にあたっての声明/部落解放同盟中央本部
「人身売買と闘うクルセイダー」と呼ばれて30年―国内外の被害者を直接救出するNGO「バングラデシュ全国女性法律家協会(BNWLA)」/境分万純
私が文字を獲得するまで―53歳で定時制高校を卒業した吉山トシ子さん/編集部

連載 新破戒 第7回◆18歳の彷徨/山文彦/絵・向原常●
連載 部落・差別の歴史―そのとらえ直しと論点26◆部落差別はどう議論されてきたか(続)/藤沢靖介
連載 ひげのむこうに見えるもの12(最終回) 夢の大波/今江祥智
グラビア●証拠開示を行い、再審開始を!―狭山事件の再審を求める市民集会
水平線●ひとりの仲間も見捨てない教育を追い求めて/福永宅司
人権いろいろ●あきらめないで、がんばる/福島みずほ
ピリカピリカ●「まつろわぬもの」の歴史を当事者から見る/多原香里
メディアのミレニアム●日本の政治の行方(1)/三上 治
IMADRアップデイト●ピレイ国連人権高等弁務官 日本のマイノリティコミュニティと会う
映像フリースペース●中南米の貧しい人々は北に向かう―アメリカ=メキシコ合作映画「闇の列車、光の旅」/白井佳夫
東京音楽通信●ムラの文化復興の象徴―北九州市小倉に伝わる盆踊り唄/藤田 正
本の紹介●Eへの返信―遠藤比呂通著『不平等の謎―憲法のテオリアとプラクシス』/川上隆志 ほか
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600