月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2010年8月号 634号

特集●「大逆事件」100年

「大逆事件」の市民的復権にむけて/山泉 進
現代に生きつづける秋水の思想―「大逆事件」100年と中村のあゆみ/北澤 保
今を生きる者が受けとめる―紀州新宮より・「熊野・新宮グループ」顕彰の取り組み/辻本雄一
座談会◆復権をスタートに―「大逆事件」に学ぶ宗教関係者の取り組み/後藤牧宗/池田千尋/太田 勝/司会兼・訓覇 浩

性暴力根絶の包括的な法律システムを―DV家庭における性暴力被害の実態/近藤恵子
識字運動で学んだこと―福岡県・浦の谷で識字が始まったころ/堀内 忠
崇仁小学校の閉校、そしてまちづくり―柳原銀行と明石民蔵の生き様に学ぶ/山内政夫

連載◆新破戒 第8回―アンゼラスの鐘/山文彦/絵・向原常美
連載◆部落・差別の歴史―そのとらえ直しと論点27/近世、地縁的社会の展開と被差別民/藤沢靖介

グラビア●「大逆事件」100年
水平線●メンヘラ音楽家と労働運動/茜住
人権いろいろ●なぜ署名を拒否したか/福島みずほ
ピリカピリカ●アイヌ民族の自立を求めて/多原香里
メディアのミレニアム●日本の政治の行方(2)/三上 治
IMADRアップデイト● 国連人権理事会第14会期終了―IMADRの活動と2011年の理事会再考プロセス
映像フリースペース● 子どもの難病をめぐる父親と学者の対立―アメリカ映画「小さな命が呼ぶとき」/白井佳夫
東京音楽通信● 朝鮮半島の民衆史をうたう―多様な歌で浮き彫りにさせる趙博の新作/藤田 正
本の紹介● 『続 悲田院長吏文書』の刊行によせて―その編集後記なるもの/小野田一幸 ほか
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600