月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2011年1月号 639号

特集●部落問題と向きあう若者たちU

はじめに―「部落問題と向きあう若者たちU」に寄せて/内田龍史
どこに行っても仲間がいる/宮崎懐良
青年がとにかく集まれる場を/長門 実
下の世代の兄ちゃんになる/宮崎懐良/長門 実
小説は部落問題を伝えるツール/玉田崇二
ありのままを伝えたい/方 佐江子

フランス政府のロマ差別はEU法違反―EU各紙はどう報じ、EU委員会はどう対応したのか/金子マーティン
インタビュー◆在日コリアンの市民運動の新たな拠点をめざす―コリアNGOセンターの新展開について/鄭甲寿
保田耕志さんを偲んで/太田善照
アルザス・革なめし探訪の旅/中尾健次
ピカドンを知らない被爆者/豊田直巳

連載◆部落の文化と歴史―草津温泉@/ハンセン病湯治の歴史と部落/川元祥一
連載◆新破戒 第13回―謎の帰還/山文彦/絵・向原常美

グラビア●ピカドンを知らない被爆者/豊田直巳
水平線●ひとりも見捨てない集団作り―『学び合い』が目指すもの/西川 純人権いろいろ172●刑死者慰霊塔/福島みずほ
IMADRアップデイト●『スィンティ女性三代記』―著者のルードウィク・ラーハさんに聞く会/(一寸木純子)
映像フリースペース●クルド人難民に厳しいフランスの現実―フランス映画「君を想って海をゆく」/白井佳夫
東京音楽通信●究極の太棹三味線の音―鶴澤清治の最新録音/藤田 正
本の紹介●山田正行著『アイデンティティと時代―1970年代の東大・セツルの体験から』/中尾健次
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600