月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2011年4月号 644号

特集●外国人参政権 わたしはこう考える

インタビュー◆特別永住者には、国政選挙権も保障すべき―外国人参政権をめぐる歴史的経緯をもとに/丹羽雅雄
「内への開国」を期待する―外国人労働者受け入れのための、不可避の政治課題/朴 一
帰化を条件にせず、地方参政権を付与すべき―平成の開国の端緒に/ツルネン・マルテイ
インタビュー◆原点に立ち返り、地域からの運動を―永住外国人の地方参政権を求める/徐元
政治的に「いない」存在をなくすために/保坂展人
幅広い意見をもとに、国民自らが判断を―裁判所の判断にはなじまない/伊藤 真

瓦解した狭山事件確定判決の筆跡論―上申書によって暴かれた書字条件差異論の非科学性/中北龍太郎
朝鮮学校と高校無償化問題―日本政府と大阪府の政策を問う/高龍秀
岩井好子先生を悼む―学ぶことの原点を求めた夜間中学教師が刻んだ足跡/川瀬俊治
アメリカの寛容と不寛容―9・11跡地付近でのモスク建設をめぐる論争から/神林毅彦
白熱のタハリール広場―ムバラクを追い落としたエジプト・カイロのデモ/岡原功祐

連載◆まちかどの芸能史B―千秋万歳の受難/村上紀夫
連載◆部落の文化と歴史―草津温泉C 近代に始まる隔離と差別/川元祥一
連載◆新破戒 第16回―原子野の聖者/山文彦/絵・向原常美

グラビア●白熱のタハリール広場―ムバラクを追い落としたエジプト・カイロのデモ/岡原功祐
水平線●刑事司法の腐食―何が検察の暴走を許したのか/青木 理
人権いろいろ●「抑止力」は方便だった/福島みずほ
メディアのミレニアム●東芝クレーマー事件と企業の社会的責任(2)/前屋 毅
IMADRアップデイト●新たに設定されたNGOとの非公式ミーティング―人種差別撤廃委員会第78会期
映像フリースペース●英国奴隷貿易の厚い壁と闘った若き政治家―イギリス映画「アメイジング・グレイス」/白井佳夫
東京音楽通信●心が高揚するホンモノの音楽―井之頭病院の恒例音楽祭/藤田 正
本の紹介●黒川みどり編著『近代日本の「他者」と向き合う』/ひろた まさき
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600