月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2011年6月号 647号

特集●性暴力をなくそう

性暴力のフェミニスト分析―性暴力問題に取り組む視点/森田ゆり
被害者の思いを受け止める社会に―読売新聞の連載「性暴力を問う」を終えて/久場俊子
「パープルダイヤル」から「パープル・ホットライン」へ―性暴力禁止法をつくろう/近藤恵子
性暴力被害者を支援するために―性暴力救援センター・大阪(SACHICO)から見えてくること/加藤治子
性暴力に対応できる司法を/段林和江

屠場/本橋成一
ルポルタージュ◆地震・津波・原発事故に追われて―福島県いわき市・郡山市の被災者たち/矢野 宏/栗原佳子
部落の文化と歴史D熊野・湯の峯温泉 説経節「おぐり」と現実の世界/川元祥一
男がつくった神話「女人禁制」―「大峰山」に登った女性へのインタビューから/「大峰山女人禁制」の開放を求める会
部落問題に迫る遠近法としての映画A 阪田三吉と『王将』にみる虚像/実像の訴求力/山本崇記
連載◆まちかどの芸能史5―尾張万歳/村上紀夫
連載◆新破戒 第17回―被爆マリア/山文彦/絵・向原常美

グラビア●屠場/本橋成一
水平線●東日本大震災、韓国からのメッセージ―パートナーとして共に助け合う関係に/宮崎善信
人権いろいろ●原発をなくしていこう/福島みずほ
メディアのミレニアム●原発事故はどう「開示」されたか/伊田浩之
IMADRアップデイト●世界のIMADR
映像フリースペース●福祉制度が機能している社会の閉塞感―デンマーク映画「光のほうへ」/白井佳夫
東京音楽通信●日本はひとつというファシズム―原発問題に対する当たり前の事実/藤田 正
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600