月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2011年10月号 652号

特集●脱原発をめざして

原発は即刻全廃すべき―福島原発事故と原子力発電の危険性/小出裕章
放射能がもたらす深く広い被害―福島原発事故と放射能汚染/天笠啓祐
インタビュー◆原発は差別の上に建つ―福島原発事故と原発の差別構造/鎌田 慧
自分たちの命や生活を守るために―山口県・祝島の原発反対運動と自然エネルギー100%プロジェクト/山戸 孝
自然エネルギーを地域に望ましいかたちで―「未来のエネルギー社会づくり」にむけて/古屋将太

資料/新たな人権救済機関の設置について(基本方針)/務省政務三役
差別なき戦後補償を求める―結審した大阪空襲訴訟/矢野 宏
金学順さんの証言から20年―日本軍「慰安婦」問題解決を求める集会/川瀬俊治
京都市内における改良住宅建て替えを契機とした新たなまちづくりの検証―人権のまちづくり(運動)にむけて(下)/後藤 直
ハイチ地震―復興への遠い道のり/佐藤文則
平井正治さんの証言・資料を後世に語り継ぐ/吉村智博
連載◆沖縄戦歪曲検定から4年―いまも続く沖縄差別B/沖縄県民の心を深く傷つけた「メア発言」と日米政府・社会への怒り 高嶋伸欣
連載◆まちかどの芸能史9―万歳と占い/村上紀夫
連載◆新破戒 第20回―ある信徒/山文彦/絵・向原常美

グラビア●ハイチ地震―復興への遠い道のり/藤文則
水平線●被災地レポート その4―悲しみと思い出を抱いて生きていく―あるセクシュアルマイノリティの場合/阿部恭子
人権いろいろ181●空襲被害者に補償を/福島みずほ
メディアのミレニアム●大震災と日本の今後(2)/三上 治
IMADRアップデイト●人種差別撤廃委員会審査とNGO/白根大輔
映像フリースペース●枯葉剤作戦が生んだ絶望の向こう側に―日本映画「沈黙の春を生きて」/白井佳夫
東京音楽通信●世に出た反原発ソング―メディアの中枢に対するインディーズからの声/藤田 正
本の紹介●施設経験者から見た子どもの権利保障の現状―西田芳正編著『児童養護施設と社会的排除―家族依存社会の臨界』/住友 剛 ほか
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600