月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2012年12月号 670号

特集●法人を活用した地域活動 U

法人を活用した部落解放運動―今日の社会情勢をふまえて/北口末広
高齢者の支援を社会的事業として―北九州市門司区のNPO法人もやいケアサービスの歩み/南川健一
解放運動を地域のひろがりのなかで―兵庫県のNPO法人「姫路人権ネットワーク」の活動から/金田智子
「ぼちぼちいこか」―京都府井手町の「おいで(井手)やす ふれあいの集い」/特定非営利活動法人やましろ人権Fネット
公益法人活用型運動の現在―千葉県における啓発センター、特別養護老人ホーム運営の経験から/鎌田行平

資料◆『週刊朝日』(2012年10月26日号)掲載記事「ハシシタ 奴の本性」に関する抗議文/部落解放同盟中央本部
新連載◆水平社論争の群像@なぜ「水平社論争の群像」か/朝治 武
全国の皆さんへのアピール/リバティおおさかの運営継続と発展のため、皆さんに支援を訴えます/公益財団法人 大阪人権博物館
障害を差別と排除でとらえた初の政府文書―障害者差別禁止法についての差別禁止部会の意見の意義と課題について/池原毅和
脱原発生活者の会・テント村からEお肉のセシウム検査実現まで/川元祥一
部落差別がなくなる日を信じて―日本基督教団部落解放センター30年の歩み/東谷 誠
七十五年的記憶―南京大虐殺の幸存者を訪ねて/宮田幸太郎
日本軍「慰安婦」問題の解決を求めて―9・22シンポで問われた日本政府の対応/川瀬俊治
連載◆学校における性暴力―支援者としてのありかたを問うG「守秘義務」と「プライバシー」/すぎむら なおみ
連載◆新破戒 第34回―中尾貫ふたたび/山文彦

グラビア●七十五年的記憶―南京大虐殺/宮田幸太郎
水平線●「個人の尊重」と「自由」のあいだ/金子匡良
人権いろいろ●脱原発全国行脚/福島みずほ
メディアのミレニアム●物言わぬ公務員労組・大阪/藤田和恵
IMADRアップデイト●人種差別撤廃委員会が沖縄について日本政府に書簡
映像フリースペース●植民地アルジェリア育ちのフランス人の眼―フランス=イタリア=アルジェリア合作映画「最初の人間」/白井佳夫
東京音楽通信●もしや?と思わすアルバム―沖縄と東北をつなげた『Smile Again』/藤田 正
本の紹介●旧社会主義圏出身ロマの家族の克明な生活誌―ミショ・ニコリッチ著/金子マーティン訳『あるロマ家族の遍歴―生まれながらのさすらい人』/友永健三
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600