月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2013年10月号 683号

特集●差別禁止法は必要か

差別の実態に見合った法制度を―人種差別禁止法の必要性を中心に/丹羽雅雄
差別を乗り越える手段としての差別禁止法―部落差別の現状から見えてくる課題/谷川雅彦
日本社会とヘイトクライム―ヘイト・スピーチを素材にして/金 尚均
障害を理由にした分離や排除のない社会を―障害者差別解消法の意義と課題/尾上浩二
差別扇動に市民が立ち向かうためには―国連人種差別撤廃委員会からの勧告/小森 恵

アメリカ先住民の苦闘と希望/鎌田 遵
国連拷問等禁止条約委員会が、初めて日本の精神医療を全面批判/山本眞理
連載◆大阪とハンセン病ゆかりの地A三宅美千子
連載◆部落文化・再生文化A―循環型社会の基軸/地域社会の再生/川元祥一
連載◆水平社論争の群像J軍隊差別/朝治 武
連載◆新破戒 第44回―長崎の清書係/山文彦/絵・向原常美

グラビア●アメリカ先住民の苦闘と希望/鎌田 遵
水平線●アンドレッサの希望/金 光敏
人権いろいろ●映画「少年H」を見て/福島みずほ
メディアのミレニアム●ヘイトスピーチと「表現の自由」―山形県の判断事例が投げかけたもの/佐藤大介
IMADRアップデイト●人類の伝統的価値と人権
映像フリースペース●ベトナム反戦運動の過激派だった人たちの今―アメリカ映画「ランナウェイ/逃亡者」/白井佳夫
東京音楽通信●夜の深さをうたい込む―浪曲のドサ回りから大ヒット歌手へ/藤田 正
本の紹介●アイヌ語研究へのこだわり―知里真志保著『知里真志保の「アイヌ文学」』/小坂博宣
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600