月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2016年7月号 727号

特集●ジェンダー平等の今

グローバル水準から日本のジェンダー平等を考える/林 陽子
第四次男女共同参画基本計画と第二次安倍政権/皆川満寿美
「男性中心型労働慣行」をどう変えていくか/竹信三恵子
性にかかわる暴力をなくしていくためには/伊田広行
メディアとジェンダー平等を考える/西村寿子

検証の意義の理解が十分ではない―ハンセン病「特別法廷」最高裁調査報告書について/内田博文
法期限後の部落問題に対する市民意識―堺市人権意識調査2015を中心に/阿久澤麻理子
障害者差別禁止条例の動向とその意義/金子匡良
福島、この五年と今(上)/関 久雄/駒崎ゆき子

グラビア●2016年度部落解放・人権政策確立要求第1次中央集会/不当逮捕53年! いまこそ事実調べ・再審開始を! ―狭山事件の再審を求める市民集会
水平線●権力が弱者に強いる選択肢/北原みのり
人権いろいろ●基地と女性の人権は両立しない/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●オリンピックは返上したらどうや/小山帥人
IMADRアップデイト●ヘイトスピーチ解消法が成立
映像フリースペース●料理の世界を舞台にした面白い映画なのだが、さて問題点も―アメリカ映画「二ツ星の料理人」/白井佳夫
東京音楽通信●またもやの惨事にコブシを挙げる―現代沖縄の「プロテスト・ソング」再び/藤田 正
情況への異論・反論・抗論(文化編)●「核なき世界」は実現するか?―政治利用されるヒロシマ・ナガサキ/黒古一夫
ヘイト・スピーチを受けない権利●ポーランドにおける反差別法・政策/前田 朗
子ども・教育・自由ノート●その子の「ジャンプ台」/園田雅春
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600