月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2016年12月号 734号

特集●日本のマジョリティ社会を問う 榎井縁責任編集

在日朝鮮人への差別を根底から問わない日本社会を問う―日本政府による対朝鮮「制裁」と朝鮮学校潰しに抗して/金優綺
人種化された植民地主義の差別構造―沖縄「基地問題」の根底にあるもの 〈補遺〉「土人」発言をめぐって/桃原一彦
「ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン」からの問いかけ―「日本の多様性を考えるプロジェクト」を通して/今井貴代子/堀口安奈
日本社会に非正規で住むということ―難民支援活動のなかから/佐藤直子
生きにくいということ―アイヌとして生きてきて/原田公久枝

座談会◆松本治一郎先生逝去50年 松本治一郎先生の遺産を運動や現代・未来にどう引き継ぐか/組坂繁之/山文彦/イアン・ニアリー/司会・森山沾一
「めざす会」の解散と新たな登録運動―第二次「全国水平社創立宣言と関係資料」のユネスコ世界記憶遺産登録運動の総括と今後の方向/「全国水平社創立宣言と関係資料」のユネスコ世界記憶遺産登録をめざす会
『おはなし おかわり―大阪の被差別部落の民話』ができました!/齋藤直子
私の戦世語り―沖縄戦の記憶を引き継ぐ/豊里友行
狭山事件〈秘密の暴露の崩壊〉―万年筆は被害者のものではなかった/中北龍太郎
連載 皮革の比較史Cシェル・コードヴァンをつくる人びと/西村祐子

グラビア●沖縄戦の記憶を語る/豊里友行
人権いろいろ●死刑を廃止しよう/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●天皇生前退位―源的な問いかけ必要/名切 憲
IMADRアップデイト●日本はアジア太平洋の人権優等生なのか?
映像フリースペース●高卒で司法試験にパスし弁護士となった男の壮絶な裁判闘争―韓国映画「弁護人」/白井佳夫
東京音楽通信●沖縄の新世代の声を聴こう―「土人」発言から見える差別の根/藤田 正
情況への異論・反論・抗論(文化編)●ノーベル賞「騒ぎ」の陰で―批判精神の劣化を憂う/黒古一夫
ヘイト・スピーチを受けない権利●李信恵名誉毀損訴訟一審で勝利判決/前田 朗
子ども・教育・自由ノート●「MG学習」のすすめ/園田雅春
本の紹介●鎌田慧著『ドキュメント 水平をもとめて―皮革の仕事と被差別部落』/野寄昌平
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600