月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2018年6月号 758号

特集●いまこそ隣保館! いまこそ社会福祉!

改正社会福祉法をふまえ隣保館活動を充実・強化させよう!/谷川雅彦
地域共生社会実現に向けた隣保館の意義と役割/中尾由喜雄
地域共生社会実現に向けた隣保館の実践/川口寿弘
高知市における生活困窮者自立支援制度の実情について/坂田弘之/林 照男
地域共生社会の実現にむけて私たちにできること―隣保館を拠点とした総合相談活動の最前線/友永まや
民設置民営の隣保館「すみよし隣保館 寿」―設立の経過、現状、今後の課題/公益財団法人 住吉隣保事業推進協会

インタビュー◆芸能と人権の今を考えるFこれは差別されてきた、うちらの歌や/松田扶邇子さんほか/聞き手=藤田 正
海の楽園モルディブのごみの島/高木忠智
「戦前」の今、「反戦の書」を読む―金子光晴『詩人』/河村義人
「原爆と沈黙」ふたたび―長崎の被差別部落とキリシタン/山文彦
連載◆Diversity Now! 多様性の今J子ども同士の性暴力に対応する/森田ゆり
連載◆部落共同体論 形成期の社会的分業とその構造21 第四章 差別体質はなぜ民に浸透したか(三)/川元祥一

グラビア●モルディブごみの島/高木忠智
水平線●「等価性の連鎖」の追求が新しい運動の萌芽となる/藤田孝典
人権いろいろ●事務次官のセクシュアル・ハラスメント/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●『記者襲撃』を読んで/名切 憲
IMADRアップデイト●国連普遍的定期審査(UPR)と日本の人種差別
映像フリースペース●ベトナム戦争世代の三人の中年男のロードムービー―アメリカ映画「30年後の同窓会」/白井佳夫
東京音楽通信●アメリカン・フォークの先駆者―引退を発表したジョーン・バエズ/藤田 正
ヘイト・スピーチを受けない権利●国連人権理事会マイノリティ報告書/前田 朗
子ども・教育・自由ノート●『星野君の二塁打』と偏見/園田雅春
本の紹介●沖縄の現実と歴史が問いかける「琉球独立」の必然性がこの書に―金城実・松島泰勝著 川瀬俊治編『琉球独立は可能か』/白石憲二
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600