月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2018年12月号 766号

特集●社会(またはマジョリティ社会)に発信する若者たち U 榎井縁責任編集

出逢いを大切に、自分らしく/切原宏和
障害者も健常者も自分らしく生きる社会を―脳性まひのぼくが生きてきた道/高木智志
どんな人生も楽しむ姿勢で―アメラジアンとしての二三年間を振り返って/宮城アンナメイ
なりたい自分に向かって取り組める社会を―ぼくがNPOを立ち上げたわけ/田中洋輔

研究所の五〇年を未来につなぐ―部落解放・人権研究所五〇周年記念座談会/内田龍史/熊本理抄/矢野治世美/李嘉永/司会=棚田洋平
狭山事件〈万年筆発見=秘密の暴露の崩壊〉―発見万年筆は被害者のものではない/中北龍太郎
「戦前」の今、「反戦の書」を読む17/加藤尚武『戦争倫理学』姜尚中『姜尚中の政治学入門』/河村義人
「同和地区の貧しさ」について考える(2)―同和地区の階層構造/島 和博
連載◆Diversity Now! 多様性の今17/先住民族の文化的ジェノサイド―デニス・バンクスの娘の語り/森田ゆり
部落共同体論◆形成期の社会的分業とその構造27 第3部 動物供儀を続ける諏訪神社/川元祥一

グラビア●玉城デニー沖縄県知事の誕生と沖縄新時代/豊里友行
水平線●「#呪いの言葉の解き方」/上西充子
人権いろいろ●原発と米軍基地/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●ダブルスタンダードという宿痾/名切 憲
MADRアップデイト●国連人種差別撤廃委員会はチベットとどう向き合ったのか/小松泰介
映像フリースペース●ボクサー失格の兄と自閉症の弟が展開するメロドラマ―韓国映画「それだけが、僕の世界」/白井佳夫
東京音楽通信●政治的立場表明の波紋―保守地盤を揺さぶるスター・シンガー/藤田 正
ヘイト・スピーチを受けない権利●憲法学は近代の理念を理解しているか/前田 朗
子ども・教育・自由ノート●子どもの「楽天性」はどこへ/園田雅春
本の紹介●鳥取県部落史研究会編『近世の皮革統制と流通―中国・播磨地方の諸藩を中心に』/西村祐子
本の紹介●矢野治世美『和歌山の差別と民衆―女性・部落史・ハンセン病問題』/近藤恵美子
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京事務所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-5213-4777