月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2019年8月号 777号

特集●「アイヌ新法」を問う

「アイヌ新法」の概要と問題点/谷口 滋
国際水準から見る「アイヌ新法」―アイヌ民族の先住民権保障の課題/広瀬健一郎
遺骨は速やかにコタンの土へ!―アイヌ遺骨問題と植民地主義/出原昌志
差別禁止にむけた実践の積み重ねを―アイヌ民族に対するヘイトスピーチの現状とアイヌ施策推進法制定以降の展望/新井かおり

パリの家なき人々/ロレンツォ・メローニ
私が出会った部落差別と長谷川豊発言/黒部麻子
インドの被差別民との交流―物語を紡ぐ人びと1992〜2018/安田耕一
「天皇教」の成立と存続―その2 「天皇教」の存続/横田耕一
インタビュー 芸能と人権の今を考えるK/地球の矛盾があつまる地域にかかわる「芝居者」 翠 羅臼/聞き手=藤田 正
連載◆ 「戦前」の今、「反戦の書」を読む/林達夫『歴史の暮方』(後編)/河村義人
連載◆Diversity Now! 多様性の今23/マインドフルネスと瞑想トレーニング その2/森田ゆり
連載◆ 部落共同体論/形成期の社会的分業とその構造33/農民が依頼する殺牛馬雨乞(箕面@)/川元祥一

グラビア|パリの家なき人々●ロレンツォ・メローニ
水平線●複雑な問題を議論できる場をWEB上に/古久保さくら
人権いろいろ●フラワーデモに参加して/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●年金2000万円不足レポートが示す未来/小山帥人
IMADRアップデイト●憎しみの連鎖を断ち切り、人びとの結束を!
映像フリースペース●先進国の映画のパターンをふんで作られてしまう作品の悲劇―レバノン=フランス合作映画「存在のない子供たち/白井佳夫
東京音楽通信●8月15日は島唄の巨匠と共に―嘉手苅林昌が遺した沖縄返還前の名唱が蘇る/藤田 正
ヘイト・スピーチを受けない権利50●神奈川県弁護士会、刑罰不可避と明言/前田 朗 60 子ども・教育・自由ノート|『卒業文集最後の二行』を問う 園田雅彦
本の紹介●セクハラ被害のリアル、ともに闘うことの力強さ―佐藤かおり『セクハラ・サバイバル―わたしは一人じゃなかった』/周藤由美子
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京事務所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-5213-4777