月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2019年10月号 779号

特集●外国人教育のいま 榎井 縁責任編集

高校入学や高卒後の進路に大きな課題—東京の外国人教育の現状と課題/角田 仁
高校入学後の支援が充実—神奈川の外国人教育の現状と課題/高橋清樹
高校入試の壁と学齢超過者の公的学び舎の欠如—愛知の外国人教育の現状と課題/小島祥美
子どものアイデンティティ尊重を基礎に—大阪の外国人教育の現状と課題/榎井 縁
日本語指導中心の同化施策—福岡県の外国にルーツをもつ子どもに関する施策/奥村美保

「女性に対する暴力」をめぐる先進諸国の状況/林 陽子
フジ住宅ヘイトハラスメント裁判の報告と支援のお願い/冨田真平
社会参加に距離をとる若者とどう向き合うか/川中大輔
同和地区の貧しさについて考える(最終回)/「縮小する同和地区」について考える(その2)/島 和博
部落共同体論/形成期の社会的分業とその構造36/合理的な雨乞をした人—宍粟郡神戸村/川元祥一

グラビア●わたしは7月26日に殺された19人のひとりだ—相模原障碍者大虐殺追悼アクション/編集部
水平線●「仲間だったよ」という記憶を残す保育/ト田真一郎
人権いろいろ●日韓関係、互いに知恵を絞り合おう/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●「表現の不自由展」中止、表現の危機的な状況/西村秀樹
IMADRアップデイト/気候変動とメキシコの先住民族/(小松泰介)
映像フリースペース●タイ国のオタク映画は、どうやら日本を源流としているらしい—タイ国映画「ホームステイ/ボクと僕の100日間」/白井佳夫
東京音楽通信/怒れる民衆の歌—香港デモでなにがうたわれているか/藤田 正
子ども・教育・自由ノート/真夏の「死のロード」に思う/園田雅春
ヘイト・スピーチを受けない権利●スウェーデンにおける反差別法・政策(2)/前田 朗
編集後記 

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600