月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2019年12月号 782号

特集●新自由主義と教育 森 実責任編集

新自由主義的な教育改革が学校にもたらしつつあるもの—大阪の現状の分析から/濱元伸彦
競争よりも協働の大切さ—大阪の「いち中学校」の取り組みについて/名田正廣
多様な子どもたちの幸せと民主主義の力の育成を— いま教育に求められているもの/武田緑
ジェントリフィケーションに抗する—まちづくりに捕らわれた釜ヶ崎へ/渡辺拓也

辺野古埋め立てに非暴力の抗議行動—ヘリ基地反対協議会事務局長・仲本興真さんの想い/豊里友行
日本の国際人権規約批准40周年—批准に至る経過、その後の進展、現状と課題/友永健三
誓約—元徴用工との22年(上)/中村一成
「戦前」の今、「反戦の書」を読む23/『日本国憲法』(後編)/河村義人
連載/Diversity Now! 多様性の今(最終回)/離婚後の共同親権は危ない!?—DV・虐待から子どもの安全を守れない制度/森田ゆり
部落共同体論/形成期の社会的分業とその構造38/第4部 江戸時代と明治初期の部落問題/川元祥一

グラビア●辺野古への土砂運搬に抗議—安和桟橋と本部港塩川/豊里友行
水平線●影を照らすことばを見つけなければ/斉加尚代
人権いろいろ●台風被害への対処/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●五輪報道、気になる姿勢/名切 憲
IMADRアップデイト●日本と国連人権理事会選挙
映像フリースペース●イタリアン・ネオリアリズム映画の歴史に深くかかわった撮影監督—イタリア映画「水と砂糖のように」/白井佳夫
東京音楽通信●負の遺産すら隠さない国歌—植民地支配と解放運動の歴史からなるアフリカ賛歌/藤田 正
子ども・教育・自由ノート●教師の声と子どもの声/園田雅春
ヘイト・スピーチを受けない権利●人種差別撤廃委員会・一般的勧告第35号(1)/前田 朗
本の紹介●3・11後の日本を広い視野から撃つ—山口泉『まつろわぬ邦からの手紙—沖縄・日本・東アジア年代記 2016年1月—2019年3月』/黒古一夫
本の紹介●韓国歴史ドラマを観るもう一つの視点—朝治武『韓国歴史ドラマの再発見—可視化される身分と白丁』/水野直樹
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600