月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2020年2月号 785号

特集●部落問題のいま――2020年

拡散するネガティブ情報と収斂させてはいけない学びの機会/松村元樹
部落問題を知らない部落の子どもと運動の課題/北川真児
ルーツとアイデンティティ―同和・人権教育の視点から/阿久澤麻理子
座談会/それぞれの立場から部落問題とかかわること/杉本大輔/中谷実樹/矢野淳士/コーディネーター・司会=齋藤直子

皇民化教育の果てに―金城重明さんが語る渡嘉敷島の「集団自決」/豊里友行
成長する企業がつくる障害者が働く職場―中央省庁の対応と対比して/西村正樹
瀬戸際に立つ「移民の国」アメリカ―NPOによる移民・難民支援の現状と課題/柏木 宏
すべての命は守られるか―フラシスコ教皇の長崎・広島訪問/燻R文彦
インタビュー 芸能と人権の今を考えるM/過激なパンク・バンドを貫いていた反権力の精神/イヌイジュン/聞き手=藤田 正
「戦前」の今、「反戦の書」を読む?/清沢洌『暗黒日記』/河村義人
部落共同体論/形成期の社会的分業とその構造?/第四部 江戸時代の身分と社会的分業/川元祥一

グラビア●「集団自決」の記憶―金城重明さん 私の戦世語りV/豊里友行
水平線●沈黙のツケ/坂上 香
人権いろいろ●ケン・ローチ「家族を想うとき」/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●自由と自治を求める香港の闘い/小山帥人
IMADRアップデイト●ILO基準に則った法整備の確立にむけて/宮下 萌
映像フリースペース●フェイクな時代を反映する現代的な映画を見て新年を考える―イタリア=フランス合作映画「盗まれたカラヴァッジョ」/白井佳夫
東京音楽通信●よみがえる津軽大衆音楽の伝統―モダンなプレイヤーたちによる「ボーカル音楽」/藤田 正
子ども・教育・自由ノート●「授業」と車の運転/園田雅春
ヘイト・スピーチを受けない権利●日韓ニューライトの「歴史否定」とは/前田 朗
本の紹介●若手教員の指標となる一冊 必読の薦め―志水宏吉・島善信編著『未来を創る人権教育―大阪・松原発 学校と地域をつなぐ実践』/土田光子
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600