月刊「部落解放」


誌代 (税別)●600円 臨時号(年4冊)予価1000円
年間購読料●11200円(税別。概算ですので、変更の場合、予約最後の号で精算します)


2020年9月号 794号

特集●コロナ・パンデミックと人権問題

感染症対策に「人権」施策の位置づけを—差別が現存する社会に生きるすべての人が「当事者」である/松村元樹
コロナにおける医療従事者の人権問題—現場の対応と地域社会からの排除/炭谷 茂
コロナ禍によって露呈した日本の社会福祉の宿痾—生活困窮者支援の現場から/稲葉 剛
新型コロナウイルス感染症拡大と移民/外国人—非常時に露呈した差別と脆弱性/鈴木江理子
夜の街バッシング、権力と正義≠ェ暴走する思惑/要 友紀子

故郷の味は海をこえて/安田菜津紀
狭山事件 「腕時計発見は秘密の暴露」の崩壊/中北龍太郎
予習と復習! 人権ってなんだっけ?(上)/内田博文
西成で学びあう(中)/黒川優子
東京フィールドワーク—その「歴史」と「いま」を歩く4/ヤミ市からチャイナタウンへ 池袋西口の迷宮/井上理津子
部落共同体論/形成期の社会的分業とその構造45(最終回)/まとめC/部落差別の現実を超える思想/川元祥一

グラビア●食を通して伝える難民の声/安田菜津紀
水平線●名のる——「自由」であることの証として/井桁 碧
人権いろいろ●難民制度の根本的な見直しを/福島みずほ
メディア批評 そら違うで●今一度、新聞を見直してみて/名切 憲
IMADRアップデイト●「AIによる差別」をどのように防止するか/宮下 萌
映像フリースペース●福祉の世界に根をおろした新しいヌーヴェル・ヴァーグ映画—フランス映画「スペシャルズ!/政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話」/白井佳夫
東京音楽通信●声を合わせて叫ぶ「息ができない」—BLMは大きな文化運動/藤田 正
子ども・教育・自由ノート●「疎より密」を求める本舞台/園田雅春
ダイバーシティの今●爆発人気の韓国ドラマ『愛の不時着』ジェンダー考/森田ゆり
ヘイト・スピーチを受けない権利●女性ジャーナリストへの暴力/前田 朗
編集後記

Back Number

HOME

無断転載を禁じます
Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600