解放出版社書籍案内



 


マイノリティ女性が世界を変える!
−マイノリティ女性に対する複合差別−

反差別国際運動日本委員会編 定価1800円
四六判 307頁 
ISBN 4-7592-6056-0

 

1999年12月から2001年1月まで毎月開催された、「マイノリティに属する女性に対する複合差別研究会」。日本のさまざまなマイノリティグループに属する女性たちからの報告と、研究会参加者との議論をまとめた書。

〈主な内容〉
序にかえて 「北京+5」から二〇〇一年反人種主義・差別撤廃世界会議へ=武者小路公秀

第一部
 在日コリアン女性をめぐる問題=朴和美(在日朝鮮人女一人会)
 アイヌ民族の女性をめぐる暴力=長谷川由希(レラの会)
 被差別部落出身の女性の立場から=竹内純子(部落解放同盟長野県連合会女性事務局長)
 野宿者女性の状況について=池田幸代(新宿野宿者女性の会「心を開く輪」メンバー)  沖縄女性の立場から=仲宗根京子(みるくの会)
 障害をもつ女性の立場から=樋口恵子(全国自立生活センター協議会)
 滞日外国人女性の立場から=三輪イルマ(伊勢崎カウンセリングセンター)
 「在日」女性が聞き取る「解放運動の中の女性」たち=皇甫康子(兵庫部落解放研究所委託研究員)
 女性差別と部落解放運動・女性共闘=山中米子(部落解放同盟大阪府連合会副委員長)
 「ミンゾク差別という視点から=大仲千華(市民外交センター)
 沖縄女性からの発信 ヤマトンチュウへ,そして世界へ=喜久里康子(沖縄市民情報センター)
 アジアのマイノリティ女性と人種差別氤汨苻pでの会議から=松井やより(アジア女性資料センター代表)
 北京女性会議の行動綱領を在日女性のエンパワメントの手がかりに=李栄汝(在日韓国民主女性の会)  
世界女性会議と部落女性=松本めぐみ(部落解放同盟筑紫地区協議会事務局長)

第二部
 北京会議からニューヨーク会議へ=藤岡美恵子(反差別国際運動)  
〔転載〕 絡み合うアイデンティティを認める氤氈u複合差別」という視点=藤岡美恵子(反差別国際運動)
 マイノリティに属する女性に対する複合差別ネットワーク=熊本理抄(反差別国際運動日本委員会)
 日本のマイノリティ女性の現状を理解する氤汾l権分野での統計の必要性=伊藤衆子(反差別国際運動日本委員会)
 毎時間二人のダリットが襲撃され,毎日三人のダリット女性が殺されている=ブルナド・ファティマ(反差別国際運動・理事)
 ダリット女性に対する複合差別にもとづく人権侵害の例

あとがき
「マイノリテイ女性に対する複合差別研究会」の一年を終えて
日本におけるマイノリティ女性に対する複合差別プロジェクトチーム

<資料>
1 北京女性会議開催にあたってのIMADRの取り組み
2 マイノリティ・先住民族 女性のつどい イン おおさか
3 第一回東アジア女性フォーラム
4 第一回東アジア女性フォーラムにおける日本のマイノリティ女性の主張
5 「アジアにおけるマイノリティ・先住民族」ワークショップを北京女性会議において開催
6 北京プラス5に向けて作成したレポートのイントロより「日本におけるマイノリティ女性に対する複合差別」
7 北京プラス5にて開催――「マイノリティ女性ワークショップ」
8 北京プラス5フォローアップ ニューヨーク女性二〇〇〇年会議 おんなの集い
9 北京プラス5成果文書・抄訳(複合差別・人身売買関連のパラグラフのみ)
10 北京プラス5において採択された国際先住民族女性フォーラム宣言
11 人種差別のジェンダーに関連する側面に関する一般的な性格を有する勧告]]X
12 ジェンダーに関連する人種差別の側面
13 二〇〇一年反人種主義・差別撤廃世界会議 Q&A
14 参考文献・資料
15 団体リスト

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6561-5273(営業) 06-6562-5378(編集) Fax:06-6568-7166
東京営業所: Phone:03-3291-7586(営業) 03-3233-0189(編集) Fax:03-3293-1706