解放出版社書籍案内



書籍「朝鮮をどう教えるか」表紙画像


朝鮮をどう教えるか

『朝鮮をどう教えるか』編集委員会編 定価2000円
B5判 143頁 
ISBN 4-7592-6213-X

「在日」問題、朝鮮問題の入門書であり、教材にも最適。豊富なイラストと写真を使い、総合的にまとめる。在日韓国・朝鮮人の歴史と文化、現在の理解を深めるため、2年がかりでまとめられた“小事典”ともいえる待望の書。01年刊

〈主な内容〉
1 3つのとびら
 キーワード140
  近くて近い国氤汳ゥ鮮/山河と平野、そして気候/衣服と装飾品/朝鮮の食文化/「オンドル」(温突)は床暖房の元祖!/人生儀礼(「誕生」から「永眠」まで)/祭礼ならびに民間信仰と宗教/歳事風俗と民俗遊び/ハングル/朝鮮語をまもった人、詩人尹東柱  
  キーワード2000
  日本よりもずいぶん古い朝鮮の歴史/大昔から日本と朝鮮は深いつながりがあった/「虹の国」氤气\ロンゴス/いにしえの朝鮮王朝を思い浮かべよう/東方礼儀の国/朝鮮王朝の試練/朝鮮王朝と江戸幕府の「誠信」の外交/江戸後期、幕末の朝鮮観
 キーワード36
  鳥よ鳥よ、青い鳥よ/地図の上朝鮮国にくろぐろと/「独立万歳」の叫び/奪われた野にも春は来るか/戦争が植民地に残したもの/南のムグンファと北のチンダルレ/われらの願いは統一/朝鮮の友となった日本人

2 ホップ・ステップ・ジャンプ
 ホップ
  日本に朝鮮人は何人くらい住んでいるかな?/在日朝鮮人の名前について考える/日本の中の「朝鮮」を歩く/コリアタウン周辺フィールドマップ/朝鮮料理を作ってみよう/一日のあいさつを朝鮮語でしてみよう/朝鮮の歌をうたってみよう/チマ・チョゴリを作ってみよう/仮面を作って遊ぼう/チャンゴを作ってみよう
 ステップ
  いま、子どもたちは/地域に広がる在日朝鮮人の集い/在日朝鮮人が民族を自覚するとき/身近な「国籍」の問題/就職応募用紙/在日朝鮮人の地方参政権
 ジャンプ
  在日朝鮮人はどうして日本にいるのだろう/在日朝鮮人が日本の学校に通う理由/16歳で初めて「国籍」を知るのはなぜだろう/「在日韓国人」と「在日朝鮮人」とは違うの/「日本籍」と「ダブル」の朝鮮人について/「朝鮮人」への偏見はなぜなくならないの/どうして「過去」が問題になるのだろう/関東大震災と阪神・淡路大震災

3 私たちにできること
 学校のなかで/全朝教(全外教)の活動の歴史/民族学校と交流しよう/いま、帰国・渡日の子どもたちは/(財)朝鮮奨学会を知っていますか/インターネットでアクセス!/わたしたちの国はひとつ

<資料> 全国自治体の取り組み例

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6561-5273(営業) 06-6562-5378(編集) Fax:06-6568-7166
東京営業所: Phone:03-3291-7586(営業) 03-3233-0189(編集) Fax:03-3293-1706