解放出版社書籍案内



書籍『知っていますか? アダルト・チルドレン一問一答』表紙画像


知っていますか?
アダルト・チルドレン一問一答 第2版

斎藤学監修
アダルト・チルドレン一問一答編集委員会編 1000円
A5判並製 120頁 ISBN 4-7592-8240-8

専門家による多くの類書とは異なり、AC認識を持つ人たち自身が中心になって編集したAC本の決定版。虐待など機能不全の家族で育ったまだ見ぬ仲間たちに届ける、より楽になるための道しるべ。ACという言葉に対する誤解や偏見も的確に正した。02年刊。

偏見と誤解のほこりを払ってみれば、アダルト・チルドレンは、プレグナント(孕んだ、意味深い、示唆的な)な概念だ。現在までの精神医学が取り落としてきた嗜癖と児童虐待の問題に橋を架け、それを伝統的な精神心理臨床の知見につなげる力を備えている。(監修者・斎藤学〈精神科医〉の「特別寄稿」より)

〈編集者からのおすすめポイント〉
 本書は、アダルト・チルドレン概念の良さを多くの人に伝えるために、AC自覚をもつ人たちが中心になって編集作業を進め執筆を行い、必要に応じて専門家の方にも執筆をお願いしています。
 虐待を受けたり、機能不全の家族で育った人がより楽に生きるためには、アダルト・チルドレン概念をどのように理解し行動すればいいのかが分かりやすく示されています。
 一昔前、タイトルにアダルト・チルドレンやACという言葉が使われた本がかなり多く出版されました。アダルト・チルドレンブームといってもよい状況が生まれました。その一方で、アダルト・チルドレンという言葉に対する誤解や偏見も生まれました。そういったことも理由になっているのか、タイトルにこの言葉が使われた本に、最近はとんと出合わなくなりました。
 しかし、世間の誤解や偏見をよそに、ACの自助グループの数(ACODA、ACAなど)は増え続け、現在全国で70を超えています。当事者自身は、ACという言葉の意味を手がかりに、いままでの生きづらさを自分の「物語」として語り、自分の人生を自分らしく主体的に生きるための試みを続けています。
 また本書は、アダルト・チルドレンという言葉に対する誤解や偏見を正すとともに、アダルト・チルドレン概念や自助グループの活動のこれからの可能性についても言及しています。
 監修者・斎藤学さんの「特別寄稿」では、従来の精神医学にとって、アダルト・チルドレン概念がどのような意義があるかについて、いま社会問題となっている児童虐待や嗜癖問題にかかわって説明されています。
 本書によって、誤解と偏見のほこりを取り去ったアダルト・チルドレン概念の意義深さにあなたもふれることができるはずです。

〈主な内容〉
はじめに−これから出会う仲間たちへ
問1 機能不全家族とは何ですか?
問2 虐待にはどのようなものがありますか?
問3 アダルト・チルドレンの心理の特徴はどのようなものですか?
問4 どのような症状が現れますか?
問5 アダルト・チルドレンに対して医療は何ができますか?
問6 医療がもたらすデメリットは何ですか?
問7 アダルト・チルドレンにとっての「回復」ってなんですか?
問8 アダルト・チルドレンという言葉がどうして人を楽にするのですか? その考え方のメリットはどういうところにあるのですか?
問9 アダルト・チルドレンの人は何でも親のせいにして甘えているのではないですか?
問10 アダルト・チルドレンとは大人になれない人のことですか?
問11 アダルト・チルドレンって「病気」なのですか?
問12 自助グループってどういうものですか? 仲間ってなんですか?
問13 ミーティングで、自分のことを話したり仲間の話を聞いたりすることの意味は何ですか?
問14 ミーティングの終わりに唱えられる「平安の祈り」とはどのようなものですか?
問15 自助グループにつながるのって、難しくないですか?
問16 地域における自助グループはどんな状況ですか?
問17 「自分を好きになる」ってどういうことですか?
問18 「ACプライド」って何ですか?
問19 アダルト・チルドレンは生活保護を受けられるのですか?
問20 アダルト・チルドレンが生活保護を受けるのは、甘えではないですか?
問21 日本におけるアダルト・チルドレン概念にはどんな特徴がありますか?
問22 ACムーブメントの社会的意義とはどんなものですか?
【特別寄稿】
伝統的精神医学にとってのアダルト・チルドレン概念の意義……斎藤 学
【コラム】
アダルト・チルドレンという言葉はどこでどのように生まれたのですか?/ 息切れ体験/フェローシップでの話題/ミーティングの立ち上げ方
アダルト・チルドレン関連グループ連絡先一覧
よりくわしく知りたい方のために  

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6561-5273(営業) 06-6562-5378(編集) Fax:06-6568-7166
東京営業所: Phone:03−-3291-7586(営業) 03-3233-0189(編集) Fax:03-3293-1706