解放出版社書籍案内



 

見なされる差別

なぜ、部落を避けるのか




 

  奥田 均 著

 定価1,300円+税


A5判並製 102頁 

ISBN978- 4-7592-1026-2

C0036

「部落出身者と見なされたくない」から部落問題を避けるという差別の現実。日常生活や意識調査、土地差別などの具体例から、属地差別への変遷や「部落出身者」とは誰かの規程、「忌避意識」の構造を考え、新しい社会動向を探る。

◆もくじ

T なぜ、「部落出身者差別」でないのか
  1 「部落差別」という表現への疑問
   2 部落出身者の登場しない部落差別の現実
   3 「当たり前」」をもう一度考える
U データで考える「部落出身者とは誰か」
   1 大阪府民の判断基準
   2 同和地区住民の判断基準
   3 自己認知と被差別体験
   4 部落出身者とは誰か
V 属人的差別から属地的差別へ
   1 土地とのかかわりに傾斜する差別意識の発露の手がかり
   2 属地的差別を支えた戸籍制度
   3 部落の生活実態と近代日本の価値観
W 忌避する論理と土地差別
   1 忌避という戦略
   2 部落の土地にかかわる差別
X 基準の拡大と忌避する主体の形成
   1 生き残っている封建的賤視観
   2 拡大する「見なし」の目印
   3 忌避する主体の形成
Y 開き直った忌避意識論
   1 忌避意識と偏見
   2 忌避意識と幸福追求権
   3 「見なされない」から「違うと見なされる」
Z なぜ部落問題だけが人権問題と表現されていくのか
   1 部落問題が人権問題と表現されていく不思議
   2 積極的事情と消極的事情
   3 「同対審」答申や「同和対策事業法」の果たした役割
   4 新たな認識枠組みの形成へ
[ 忌避意識論の検証
   1 検証の論点
   2 部落出身者規定と忌避意識の現実
   3 差別の現実認識と忌避意識
   4 社会動向認識と忌避意識
\ 忌避意識解体への模索
   1 忌避意識への対抗
   2 差別撤廃への「社会的躾け」の形成
   3 部落内外の協働の推進 あとがき

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600