解放出版社書籍案内



 

知っていますか? 視覚障害者とともに 一問一答

 




 

楠 敏雄・三上 洋・西尾 元秀 編著 

 定価1,200円+税


A5判並製 125頁 

ISBN978- 4-7592-8271-9

C0036

目が見えない・見えにくい人とともに生きるために、健常者一人ひとりや社会に望まれることはなにか。教育、就労、福祉サービス、交通、遊び・スポーツ、IT関連機器、歴史などさまざまな観点から、共生の社会をわかりやすく探る。

◆もくじ

問01 目が見えない人って、どれくらいいるのですか?
問02 目が見えない人が利用できる福祉サービスにはどのような制度がありますか?
問03 目が見えない人は、どんなふうに文字を読んだり書いたりするの?
問04 目が見えない子は、地元の学校に通えますか?
問05 目が見えない人は、どんな仕事についているのですか?
問06 目が見えない人は、どんなふうに日常生活をしているのですか?
問07 目が見えない人が外に出るとき困ることってなに?
問08 目が見えない人は、IT機器をどのように使っているのですか?
問09 目が見えない人が本を読むために、どんな施設や制度がありますか?
問10 目が見えない人が利用するライトハウスとは、どんな施設ですか?
問11 目が見えない人は、遊びやスポーツをどのようにしているのですか?
問12 盲導犬について教えてください
問13 「盲ろう者」ってどういう人たちなの?
問14 ところで、目が見えない人は、歴史のなかでどのように扱われてきたのですか?
問15 目が見えない人のために協力できることって、どんなこと?
コラム・「生活視力」って、なに?
コラム・「どうして目が見えなくなったの?」と聞かれる時
コラム・目が不自由な人は夜寝ているときに夢を見るの?
身近な点字を読もう

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600