解放出版社書籍案内



 

結婚差別

 


データで読む現実と課題

 

奥田 均 著 

 定価1,200円+税


A5判並製 91頁 

ISBN978- 4-7592-8404-1

C0036

時代とともに人びとの結婚観が変化しているにもかかわらず、結婚差別はいまなお根強く存在している。2000年から2005年に行われた大阪・鳥取・三重・福岡・長野の実態調査のデータを読み解きながら現在の結婚差別の実態を明らかにし、今後の課題について検討する。

◆もくじ

序論―なぜ、データからアプローチするのか
結婚をめぐる状況の変化
調査データによるアプローチ
本書で使用する調査データ
[1]同和地区内外の通婚率の高まり
そびえ立っていた「最後の越えがたい壁」
「越えがたい壁」が崩れ始めている
取り組みによって差別は解消されていく
[2]「壁の崩壊」は無傷では進んでいない
減少傾向が見えない「結婚での被差別体験」
予想以上の結婚差別の広がり
さまざまな形であらわれる差別の現実
[3]「通婚率の増加」と「減少しない被差別体験」の統一的理解
同和地区出身者の社会進出と結婚をめぐる社会の変化
根強く残る差別意識
差別を乗り越える主体の形成
葛藤の中でついにここまで
[4]「告知」への躊躇・「不告知」への戸惑い
「告知」の状況とその理由
「告知」と被差別体験
[5]差別による破談
結婚差別の最も深刻な現実
心が震える
心の叫びに思いを馳せる
[6]その時、どうしたのか−結婚差別を受けたときの対処
相談の主な相手は家族や友人
同和問題学習の経験と対処行動
[7]結婚差別に直結する市民の意識状況と身元調査
結婚に際して気になること・気になったこと
結婚差別解消への展望
身元調査についての考え方
[8]データが教える問題解決へのヒント
解決へのヒントを探るために
部落差別の現実認識と解決への展望
同和地区に対するイメージ
「同和地区の人はこわい」という情報と取り組みをしている人との接触
地区住民とのつきあい
差別撤廃への社会動向認識
同和問題をはじめて知ったきっかけ
差別についての考え方
おわりに
【資料1】[2000大阪B]地区内意識調査票 結婚に関する項目抜粋
【資料2】[2005鳥取]生活実態調査票 結婚に関する項目抜粋
【資料3】[2005大阪]府民意識調査票 結婚に関する項目抜粋
【資料4】[2004三重]三重県民意識調査票 結婚に関する項目抜粋
【資料5】[2001福岡]「人権・同和問題」に関する意識についての調査票 結婚に関する項目抜粋

 

●著者紹介

奥田 均(おくだ・ひとし) 1952年生まれ。近畿大学人権問題研究所教授。(社)部落解放・人権研究所理事、(財)大阪府人権協会評議員。主な著書に『見なされる差別―なぜ、部落を避けるのか』『部落解放への挑戦』『データで考える結婚差別問題』『「人権の宝島」冒険』『土地差別』(すべて解放出版社)

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600