解放出版社書籍案内



 


格差拡大の時代
部落差別をなくすために

 


北口末広著

四六判並製 221頁
定価1600円+税

 

978-4-7592-1027-9 
C0036

格差拡大社会のなかで部落の就労・経済状況などが悪化。電子空間上の差別事件など最近の特徴や差別意識の分析とともに、成果をふまえての今後の人権行政・人権教育の発展、解放運動再生や人権救済システムの課題を提言する。

●主な目次

はじめに

第1章 格差拡大社会と部落差別
1 格差社会のなかで悪化する部落差別─格差社会は雇用条件格差社会
2 格差拡大から格差是正へ─原因に迫る政策を
3 格差の連鎖を断ち切るために─諦めの意識の克服を

第2章 差別事件から見える今日の部落差別
1 差別事件の動向・特徴をとらえる視点─より根源的な解決をめざすために
2 最近の差別事件の動向・特徴─差別意識が活性化するとき
3 戸籍不正入手密売事件から見えるもの─根強く続く差別身元調査
4 悪化する電子空間・ネット上の事件─差別意識を増幅させる情報化
5 最近の差別事件の背景─差別を容認する社会的風潮

第3章 「部落地名総鑑」と部落差別
1 新たな「部落地名総鑑」が発覚─21世紀の今も差別調査が横行
2 電子版「部落地名総鑑」の意味すること─情報化が差別意識を限りなく増幅
3 電子版「部落地名総鑑」流出の背景─最も恐れた事態が発生

第4章 同和行政と部落差別のとらえ方
1 同和行政の重要な局面を迎えている─「同対審」答申の精神を忘れていないか
2 人権条例の具体化に向けて─「絵に描いた餅」になっていないか
3 今日の部落差別をどうとらえるか─私たちの最も重要な宿題
4 今日の同和行政のあり方を提言─大阪府同和問題解決推進審議会

第5章 人権行政・人権教育を発展させるために
1 人権行政・同和行政発展のために─人権行政の概念を明確に
2 人権行政の役割と内容─行政活動全般が人権にかかわる行政
3 実践的で役立つ人権教育の展開を─人権教育の目的は何か

第6章 部落解放運動の再生にむけて
1 部落解放運動の再生・発展のために─転換期だからこそ改革できる
2 人材養成機関としての21世紀人権政経塾─次代の人権リーダー養成
3 部落解放運動の成果を忘れていないか─日本社会に多大な影響を与えてきた歴史
4 「えせ同和行為」を根絶するために─不透明な妥協・譲歩はトラブルの始まり

補章 人権救済システムの課題
1 求められている人権救済システム─誰の視点で改革するのか
2 人権擁護法案は異常な法案か─驚きを隠せない主張

 

●著者紹介
1956年大阪市生まれ。京都大学大学院(法学研究科修士課程)修了。 現在、近畿大学教授、部落解放同盟中央執行委員、同大阪府連合会執行委員長、大阪府同和問題解決推進審議会委員、大阪府人権教育推進懇話会委員、(財)アジア・太平洋人権情報センター評議員ほか。  著書に『入門部落問題一問一答(1)』日本語版・英語版、『人権ブックレット55 人権社会のシステムを─身元調査の実態から』、『人権の時代をひらく─改革のヒント』、『人権の時代をひらく─創造へのヒント』『人権相談ハンドブック─暮らしに役立つQ&A』(共著)、『変革の時代─人権システム創造のために』、『人権相談テキストブック』(共編)、『必携 エセ同和行為にどう対応するか』(共編著)<いずれも解放出版社>など。

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600