解放出版社書籍案内



 

悲田院長吏文書


長吏文書研究会 編

定価32,000円+税
B5製上製 函入 719頁


I SBN978-4-7592-4048-1 C3021

長吏文書研究会編『悲田院長吏文書』は、神戸市立博物館所蔵の古文書群1200点を収録したもので、大坂四ケ所「非人」のうち最も古く、かつ最大規模を有する四天王寺悲田院の長吏家(頭)に伝蔵された「非人」集団内部の関係史料集である。  これらの文書群は、そのすべてが大坂の「非人」に関係するものであり、その内容も、「非人」の由緒、公役、番株・番役、風聞探索、仲間統制、人別・人口、相続・跡式、キリシタン類族改、賃貸、宗教など、生活全般にわたるものである。その他、四ケ所関係や在方非人番関係史料も含まれている。  したがって、『悲田院長吏文書』は、たんに「非人」研究のみならず、警察史、法制史、都市社会史、家族史、風俗史などの研究にとって第一級の史料集であるといえよう。本書の活用により、それらの方面の歴史研究が大いに発展・深化することが期待される。

◆もくじ
発刊にあたって   (社)部落解放・人権研究所
刊行によせて    神戸市立博物館 凡例
解 説
一 由緒 
二 四天王寺支配 
三 天王寺村支配 
四 人別・人口 
五 類族改 
六 相続・跡式・代勤届など 
七 宗教 
八 仲間統制 
九 垣外での生活
一〇 公役
一一 風聞探索
一二 番株と番役 
一三 賃貸 
一四 四ケ所関係 
一五 在方非人番関係 
一六 町触・口達 
一七 雑件 

●編著者(50音順)  
臼井 寿光(ウスイ・ジュコウ) 小野田 一幸(オノダ・カズユキ) 高久 智広(タカク・トモヒロ) 寺木 伸明(テラキ・ノブアキ) 中尾 健次(ナカオ・ケンジ) 藤井 寿一(フジイ・ジュイチ)藤原 有和(フジワラ・アリカズ) 松永 友和(マツナガ・トモカズ) 村上 紀夫(ムラカミ・ノリオ) 藪田  貫(ヤブタ・ユタカ)



●筆者略歴
・寺木 伸明(テラキ・ノブアキ)
桃山学院大学教授 主著に『部落の歴史 前近代』、『近世身分と被差別民の諸相−<部落史の見直し>の途上から』(以上 解放出版社)、『被差別部落の起源−近世政治起源説の再生』(明石書店)
・中尾 健次(ナカオ・ケンジ)
大阪教育大学教授 主著に『部落史50話』、『江戸社会と弾左衛門』、『弾左衛門 大江戸もう一つの社会』(以上 解放出版社)、『江戸の大道芸人』(三一書房)


●前書きなど(1024)  「長吏」とはどのような存在か  江戸の場合、浅草の車善七を筆頭に、品川松右衛門、深川善三郎、代々木久兵衛、以上四人の「非人頭」がおり、町奉行の支配下にあって、清掃事業や番人その他の雑業に従事していた。この「非人頭」に相当する“役職”を、大坂では「長吏」と呼んでいる。  「長吏」は、古代から中世の初頭(平安〜鎌倉時代)にかけては、寺院の財政や行事を担当する役職名だった。それが、中世の後半(室町〜戦国時代)には、神社や寺院に属する職人集団の頭を「長吏」と呼ぶようになり、しだいに被差別民衆の頭を意味するようになった。江戸時代の関東では、かわた集団そのものを「長吏」、その頭である弾左衛門は「長吏頭」と称している。「長吏」という言葉には、元々「頭」という意味が含まれているので、「長吏頭」という言葉は、“屋上に屋を架す”に等しいが、“被差別”の状況に対する抵抗感が、その背景にあったのだろう。  大坂の場合、「非人」身分の頭を「長吏」と称している。また、四天王寺悲田院・鳶田・道頓堀・天満の四ヶ所に居住していたので、「四ヶ所」とも呼ぶ。江戸にも四人の「非人頭」がおり、「四ヶ所非人」とも称することがあったので、その点は似通っている。しかし、その系譜については、江戸と大坂とではかなり異なる。  江戸の車善七・品川松右衛門は、元々「口入れ屋」と称する“人足派遣業者”だったと推定されるが、江戸の「非人」組織は、その仕事に注目した町奉行が、窮民対策の一環として、善七や松右衛門を利用したことに端を発する。そして、町奉行から江戸市中に流入してくる窮民たち(後には「野非人」と呼ばれることになる)の支配を任されたのが、「非人頭」の起源となる。  大坂の場合は、窮民に粥を施したり、行倒人の看病をしたり等、四天王寺の福祉政策が発端のようで、その一端を担う役職が「長吏」だったのではないかと推定される。これについては、『悲田院文書』(清文堂出版)の「由緒」の項に収録された諸史料をご参照願いたい。いずれにせよ、大坂の場合、「長吏」の元々の意味合いが残された役職名であったということができる。その大坂の「長吏」の中で、最も歴史が古く、勢力も絶大であったのが「悲田院長吏」である。  (中尾健次著 本史料集解説編より)

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600