解放出版社書籍案内



 

人権学習シリーズ
暮らしのなかの人権

 

 

社団法人
鳥取県人権文化センター
編著

A5判 並製 84頁
定価1200円+税

 

978-4-7592-6719-8
C0036

身近な暮らしのなかから人権とは何かを学ぶ体験型学習・研修の入門書。大事だけれど自分には無関係という人が多いことをふまえ、「幸せの条件」「憲法を活かそう」「新しい人権」など新鮮なオリジナルプログラムをワークショップをへて開発したもの。

●もくじ
はじめに
T 人権とは何か
@人権の特性
A人権の歴史
B権利の成長
C「人」の広がり
D国境を越え、時を越え

U 学習プログラム
話し合いのルール
アイスブレーキングの意義
本書のプログラム構成

■活動事例(アイスブレーキング)
@二重円で話そう
Aご近所で話そう
B班で話そう
C学習者アンケート

■活動事例(おとな編)
Dしあわせの条件
E暮らしのなかの人権  
実践例…「人がしあわせに生きていくための条件」で挙げられたもの
F人権ってこんなもの
G残ったカードから見えてくるもの  実践例…残ったカードの中身
H権利と責任  実践をとおして考えたこと@ 権利より義務が先?
I憲法を活かそう  
「クイズで憲法」はいかが?  クイズで憲法  実践をとおして考えたことA 憲法学習と人権学習
J新しい人権
K「人」を説明してみよう  実践例…「人権」=「人」+「権」
L人権と人権問題

■活動事例(子ども編)
M必要なものとほしいもの(小学生対象)  
 実践をとおして考えたことB
 話し聴くことで磨かれる技能(スキル)
N○○中学校のルールをつくろう(中学生対象)
 実践をとおして考えたことC
 ルールをとおして考える市民性教育
実践を終えて
人権啓発の2つのアプローチ
権利を基礎にすえた学びがひらく可能性
参考文献など

●著者紹介
鳥取県人権尊重の社会づくり条例および人権施策基本方針を受け、県内で幅広く人権の取り組みを行う専門機関。1997年に設立し99年4月から社団法人。主な事業として、調査研究・意識啓発・研修・人権相談・ネットワーク事業、人権啓発パネルの作成・巡回展示、啓発・研修教材作成など。

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600