解放出版社書籍案内



 


よくわかる学級ファシリテーション@

かかわりスキル編

 

 

岩瀬直樹・
ちょん せいこ 著

 

A5判並製 178頁
定価1900円+税

978-4-7592-2147-3
C0037

 

学級崩壊にならないためには信頼ベースのクラスづくりが必要。先生=ファシリテーターが子どもの力を引き出すスキル10か条を丁寧に紹介し、ファシリテーションの技(説明、質問、評価、隊形、可視化&可聴化)、最初の1週間および1週間後の「クラス目標」のつくり方も具体的に説明する。どんな学級をめざし、子どもとどうかかわり、学び合うのか、学級経営に悩む教師に必読の入門シリーズ1冊目。

もくじ

はじめに─幸せな子ども時代のために
「信頼ベースのクラス」のある1日
1.子どもの力を信じて引き出す先生=ファシリテーター
 @「心の体力」を温めるエンパワメントなクラス
 A冷えた心は、まず温める
 B子どもたちの学び合う関係性を育み、温める
 C権利と権利の対立を乗り越える力とチームワーク
 D人権尊重スキルとしてのファシリテーション
 E一斉授業の特徴
 F聴き合う関係を育むファシリテ−ション
 G両輪が支える学び
 H子ども時代に幸せな「体験的な学び」を積み重ねる
 Iゴールに向けたスモールステップを刻む

2.ファシリテーターのかかわり10か条
 第1条 クラスはチーム「1年後には、こうなりたい」。―ゴールを子どもたちと共有します
 第2条 クラスや学びのオーナー(当事者)は子どもたち―先生もその一員です
 第3条 主語はボクたち、私たち。―「やらせる」「させる」ではなく「一緒にやろう」
 第4条 心の体力を温める。学び合うプロセスを育む―信頼ベースのクラスづくり
 第5条 温める言葉:冷やす言葉=4:1―コミュニケーションのバランスを心がけます
 第6条 好意的な関心の態度が基本スタンスです―それも「相手にとって」が、肝心です
 第7条 体験的な学びを大切にする。―スモールステップでゴールをめざします
 第8条 承認と共感に支えられた自己選択、自己決定。―質問の技で子どもに寄り添います
 第9条 失敗もする。感情にも流される―それを大切な糧にします
 第10条 ひとりでがんばりすぎない。―仕事を楽しむ!学び続けます

3.ファシリテーションの技を磨く
 技1.インストラクション(説明)
 技2.クエスチョン(質問)
 技3.アセスメント(評価)
 技4.フォーメーション(隊形)
 技5.グラフィック&ソニフィケーション(可視化力&可聴化)
 公開! イワセンの教室掲示!・・・4年生の巻

4.最初の1週間を丁寧につくろう
 @シンプルに「幸せになりたい」気持ちがモチベーション
 A丁寧にプロセスをつくる
 B温かい学びを積み重ねる
 C見通しを立てて取り組む
 Dやりやすいところから始める
 公開! イワセンの教室リフォーム

5.1週間後の「クラス目標」のつくり方
 @授業や学級活動もゴールに向かうアクティビティ
 Aクラス目標を育てることでチームが育つ
 Bクラスの様子をアセスメントする時間
 C子どもたちの言葉でつくる
 D子どもたちが自立した学び手に
 E学級崩壊を経験した子どもたちのために

主な参考文献
おわりに

 

【著者略歴】

岩瀬 直樹(いわせ なおき)
1970年生まれ。東京学芸大学卒業。埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭。
信頼ベースのクラスづくりの実践、「読み」「書き」を中心にワークショップを核とした授業づくりに力を入れている。著書に『「最高のチーム」になる! クラスづくりの極意』(農文協、近刊)、『作家の時間―「書く」ことが好きになる教え方・学び方【実践編】』(新評論、企画・共著)、『効果10倍の学びの技法』(PHP新書、共著)、『学級づくりの「困った!」に効くクラス活動の技』(小学館、共著)などがある。
学びの寺子屋「楽学」主宰。EFC(Educational Future Center)理事。
ブログ:いわせんの仕事部屋 http://d.hatena.ne.jp/iwasen/


ちょん せいこ
1965年生まれ。人まちファシリテーション工房。
大阪府在住。桃山学院大学卒業後、障がい者の作業所職員、NPO職員を経てファシリテーターになる。ホワイトボード・ミーティングを提唱し、主に会議や研修、事業推進におけるファシリテーター養成に取り組む。トレーニングには、ボランティア、NPO職員、自治体職員、システムエンジニア、ビジネスコンサルタントなど、多様な人が集まる。 教育現場でも公開授業や研修を進めている。 著書に『人やまちが元気になるファシリテーター入門講座─17日で学ぶスキルとマインド』『学校が元気になるファシリテーター入門講座─15日で学ぶスキルとマインド』『元気になる会議─ホワイトボードミーティングのすすめ方』(いずれも解放出版社)がある。
http://www.eonet.ne.jp/~facilitator/

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600