解放出版社書籍案内



 

知っていますか?
移住労働者とその家族の人権

一問一答

 

 

丹羽雅雄著

 

A5判並製 125頁
定価1200円+税

978-4-7592-8278-8
C0036

 

移住労働者・移住者とその家族の人権について平易な入門書がないだけに待望の書でもある。改訂入管法、入管特例法、住民基本台帳法をわかりやすく解説、東日本大震災で被災した外国人の状況、課題にも論及する。

もくじ

東日本大震災と外国人
●東日本大震災で被災した外国人はどのような状況でしたか?
●移住労働者・移住者とその家族も県外避難していますが、国際的な基準はあるのですか?

移住労働者・移住者とその家族の人権とは
●多民族・多文化の共生する社会をどう築けばいいのでしょうか?
●日本社会には、どのような外国人が生活していますか?
●なぜ、外国から日本に来て働き生活しているのですか?
●外国人に対する差別は、どのようなものがありますか?

移住労働者・移住者の法律や政策を問う
●外国人に関する法律は、どのようなものがありますか?
●移住労働者の受け入れ政策はどのようなものですか?
●移住労働者には労働基本権が保障されていますか?
●社会保障や医療制度はどのようになっていますか?

移住労働者・移住者とその家族の現状は
●「日系人労働者」の人権問題は、どのようなものがありますか?
●外国人研修生・技能実習生とはどのような人たちですか?
●留学生や就学生は、アルバイトできますか?
●看護師・介護福祉士の受け入れとは何ですか?
●難民問題とは何ですか?
●超過滞在などの外国人は、強制送還されるべきではないのですか?

子どもと移住女性の人権を考える
●外国人学校や民族学校はどのような学校ですか?
●子どもたちの教育への権利は保障されていますか?
●子どもたちの国籍や在留資格はどのように決まるのですか?
●移住女性の人権問題は何ですか?

新たな在留管理制度とは
●新たな在留管理制度の背景と概要はどのようなものですか?
●改定入管法、入管特例法の具体的な内容は何ですか?
●改定住民基本台帳法の内容と改定法全体の問題点は何ですか?

人権保障と共生社会を創るために
●諸外国では、移住労働者とその家族はどのように処遇していますか?
●国際人権法では、どのような条約や基準がありますか?
●移住労働者・移住者とその家族の人権保障のために何をなすべきでしょうか?
資料編

 

【著者略歴】

丹羽 雅雄(にわ まさお)
弁護士(大阪弁護士会所属)、すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク(RINK)代表。移住労働者と連帯する全国ネットワーク共同代表など。 鄭商根(旧軍属)戦後補償裁判、裴健一氏入居差別裁判、在日地方参政権裁判、在日高齢者無年金裁判、フィリピン母娘退去強制処分取消裁判など、マイノリティの人権問題等に取り組む。 [共著書] 『マイノリティと多民族社会―国際人権時代の日本を問う』(解放出版社 2003)/『知っていますか?外国人労働者とその家族の人権一問一答』(解放出版社 1998)/<以上単著>/『企業と在日外国人の人権―多民族・多文化共生する社会をめざして―』(大阪企業人権協議会 2005)/近藤敦編著『外国人の法的地位と人権擁護』、入管行政と外国人登録(明石書店 2002)/大阪弁護士会編集責任者『18言語の外国人人権ハンドブック』(明石書店 1992)/金東勲編著『国連・移住労働者権利条約と日本』(解放出版社 1992)/<以上 共著>

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600