解放出版社書籍案内



 


根っこを育てる乳児保育
育児担当保育がめざすもの

 

 

樋口正春 編著

 

A5判並製 173頁
定価1600円+税

978-4-7592-2263-0
C0037

 

自尊感情と人への信頼感を土台に、主体的に考え行動する力の育ちに向け、基礎が育つ乳児期の保育のあり方を問いなおす。具体的な方法として保育指針にも書かれた育児担当保育のねらいと方法を紹介している。

もくじ

はじめに
第1章 理論編
 1 育児担当保育の必要性
  1.社会の変化と保育の意義/2.根っこを育てる/3.保育指針の改定の中で
 2 子どもに育って欲しい力
  1.人の話を聴く力・話す力/2.集中力/3.ルールを理解して守る力/4.よい人間関係をつくる力/5.五感を十分使って感覚、感性を豊かにし感じ取る力
 3 乳児期に大切にしたいこと
  1.自分が生きていく世界に安心感を持つ/2.自分を取り巻く大人に信頼感を持つ/3.自分に自信を持つ
 4 育児担当保育の実際
  1.育児担当保育の目的/2.朝の受け入れ/3.食事/4.排泄/5.睡眠/6.戸外遊び/7.室内遊び/8.保育室の環境づくり/9.職員の動き・勤務ローテーション/10.子どもを一人の人格として尊重する保育を
第2章 実践編
 実践1 育児担当保育の実践/まどか保育園の乳児保育 概要
 実践2 遊びを通して子どもたちと一緒に楽しんできたこと/つくし保育園保育実践
座談会 育児担当制にとりくんで
おわりに
コラム  
コラム1 保育指針と子どもの人権  
コラム2 おむつ交換台の工夫  
コラム3 子どもに優しい保育園  
コラム4 園内研修について
Q&A
 Q1 育児担当保育とは
 Q2 育児担当制保育からなぜ育児育児担当保育へ
 Q3 自分の担当の子どもにだけ目がいってしまう危険は
 Q4 食べる順番が後になる子どもの食事が冷めてしまう
 Q5 一人の子に食事させているとき、他の担当児が泣いていたら
 Q6 年齢によって、やり方の違いは
 Q7 担当をどのように決めたら
 Q8 育児担当保育をすると休めないと聞きますが
 Q9 保育士同士の連携を進めるために、有効な学習方法は

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600